生き残った小国たち ・ リヒテンシュタイン公国(前編)

みなさんこんにちは。

当ブログを読んでいただいているみなさんは、「大国と言えばどこの国?」と質問されたとして、真っ先にどこの国を連想するでしょうか? これは全く愚問だったかもしれませんが(笑)おそらくほとんどの方がアメリカかロシア、この二つの超大国をすぐに思い浮かべる事でしょう。

もちろん世界には、この米ロ両国以外にもいくつかの大国が存在します。ロシアに次いで世界で2番目に国土面積の広いカナダ、大陸そのものがまるごと一つの国家であるオーストラリア、そして世界最大の人口を持つ中国などです。

これらの国々は、地図あるいは地球儀で一目でわかる広大な領土を持つオーソドックスな大国なわけですが、世界にはそれらの大国とは正反対のまるで粒の様に小さな国もいくつか存在しています。自分は子供時代から地図帳を開いて眺めながら、この小さな国々がどうして今もあるのか、幾多の戦争や動乱の吹き荒れる人類の歴史の中で、なぜ周辺の大国に併合されずに今も独立国家として存立しているのか不思議でなりませんでした。

そこで今回から、歴史好きな方でも詳しく知る方はそう多くないこれらの小国にスポットを当て、その成り立ちや経緯、歩んできた歴史などをご紹介していきたいと気まぐれに思い立ち(汗)「生き残った小国たち」という新しいテーマを立ち上げました。相変わらずの幼稚でまとまりのない駄文と遅筆で恐縮ですが、ご興味を持たれた方は暇つぶしにふらりと立ち寄ってみてください。(笑)

初回にご紹介する小国は、ヨーロッパ大陸のほぼ中央、スイスとオーストリアに挟まれた「リヒテンシュタイン公国」です。まずはこの国の現在の基本的なデータをお話しておきましょう。

リヒテンシュタイン公国は、先に述べた様にスイスとオーストリアに挟まれた面積わずか160平方キロ(日本でいえば、瀬戸内海の小豆島とほぼ同じくらいだそうです。)人口は3万5千程度で、世界で6番目に小さな国です。公用語はドイツ語で、その国家体制は国名と同じリヒテンシュタイン家を世襲の元首とする立憲君主制であり、現在の君主はハンス・アダム2世が1989年から在位しています。


060.png

rihitensyutain-2.gif

Flag of Liechtenstein

liechtenstein1.jpg

上がリヒテンシュタイン公国の位置と国旗、そして現在の国家元首である第15代リヒテンシュタイン公ハンス・アダム2世殿下(1945~)です。この国はとにかく小さいので、位置は地図に虫眼鏡を当ててみた方が良いかもしれませんね。(笑)

この国の歴史と成り立ちを知る上で欠かす事の出来ないのが、元首であるこのリヒテンシュタイン家の存在です。正に国名にある通り、この国はリヒテンシュタイン家が建国し、後述する様にリヒテンシュタイン家が公国の全てを動かしているといっても過言ではないからです。

それでは早速この国の歴史についてお話を始めていきたいと思いますが、それにはまず公国の主リヒテンシュタイン家の発祥にさかのぼらなければなりません。なぜならリヒテンシュタイン家の歴史は公国の成立よりもはるかに古いからです。

始まりは12世紀にさかのぼります。1130年ごろ、ボヘミアのドイツ貴族であったシュヴァルツェンベルク家が、現在のオーストリアのウィーン郊外に城を築き、これをリヒテンシュタイン城と名付けました。その名はドイツ語で「光の城」を意味し、これが後のリヒテンシュタインの名の由来になります。


src_13704026.jpg

上がそのリヒテンシュタイン城です。現在は公園の一角になっています。写真に写る人の姿と比較すると、それほど巨大なお城ではないようですね。このお城は築城以来幾度となく修復と増改築を繰り返し、現在ももちろんリヒテンシュタイン家の所有ですが、市民にも一般公開されています。

やがて、現在のドイツ南部バイエルンのドナウヴェルト一帯の地方貴族であったヒューゴ・フォン・ペトロネル(生没年不明)という人物が、シュヴァルツェンベルク家の娘と結婚し、城にちなんで自らの家名をリヒテンシュタインとしました。そう、彼こそがリヒテンシュタイン家の創始者です。

こうして、彼を初代とするリヒテンシュタイン家が歴史に登場するわけですが、といっても、この時点における彼とその一族は、一つの城の城主になったというだけで、とても「諸侯」と呼べるような大きな存在ではありませんでした。時は中世真っ盛りの神聖ローマ帝国時代、帝国内は数百家に上る大小の領主、貴族たちがひしめき合い、彼らはその数多くいる貴族の一つに過ぎなかったからです。

そこでリヒテンシュタイン家は「寄らば大樹の陰」とばかりに有力諸侯の臣下となり、その庇護の下で所領の安泰と勢力拡大を図る堅実な道を選びます。まず彼らが目を付けたのが、当時ボヘミアからオーストリア一帯を支配していた辺境伯バーベンベルク家でした。このバーベンベルク家は、フランス王家と祖先を同じくする名門貴族で、帝国内でも比類ない大勢力だったからです。

リヒテンシュタイン家は勃興した1130年後半から1240年代までのおよそ100年余り、このバーベンベルク家に臣下として仕え、実直な働きによって各地に所領を与えられ、富を増やしていきます。しかし、ここで思わぬ誤算が彼らを待ち受けていました。1248年、なんと主君バーベンベルク家が一族の内紛によって滅亡してしまったのです。

この情勢の急変に、リヒテンシュタイン家は頭を悩ませます。なぜなら、彼らがバーベンベルク家に仕えてから100年余りの間に与えられた所領は十数か所あり、それらの防衛のためにそれぞれの所領に城を築いてましたが、これらは地続きのものではなく、ボヘミアからオーストリア一帯の各地に散らばる「飛び地」で、その間には他の貴族諸侯がさながら「狼」のごとくこれを狙っており、権力の空白地帯となったこの地域で、リヒテンシュタイン家の兵力だけでこれらの領地のすべてを守るのは物理的に無理だったからです。


Heiliges_Römisches_Reich_um_1250

上がこの頃(1250年ごろ)のドイツ神聖ローマ帝国の地図です。この帝国は皇帝を世襲ではなく諸侯から選挙で選ぶという非常にユニークかつ複雑な国家で、ご覧の様に帝国内には数えきれないほど大小の貴族諸侯がひしめき合い、ゆえに帝国は絶えず戦乱に明け暮れ、一度も統一される事はありませんでした。

この様な情勢の中でリヒテンシュタイン家が生きていくためには、どこかの有力諸侯の臣下となるしか方法がなく、またそれが最良の道でした。そこへ、彗星のごとく新たな支配者が出現します。1273年、スイス辺境の一貴族であったルドルフ・フォン・ハプスブルクが神聖ローマ皇帝に即位、オーストリアからボヘミアに至る広大な地域を支配下に置いたのです。


Minnigerode-rudolf.jpg

上が神聖ローマ皇帝ルドルフ1世です。(1218~1291)彼はもともとは家柄も力もリヒテンシュタイン家と大差のないスイス辺境の一伯爵に過ぎませんでしたが、力のある人物を皇帝にしたくないという他の諸侯たちの思惑によって皇帝に選出されました。しかし、諸侯たちの予想は大きく外れ、非常に有能かつ人望あふれる彼は、後に「神に選ばれた一族」として世界に君臨するハプスブルク家の礎を築く偉大な人物となります。

リヒテンシュタイン家は、この新たな支配者に早速臣下の礼を取ります。一方のルドルフ1世の方も、彼らと同じ弱小貴族出身である事からその苦労を誰よりも良く知っており、その願いである所領の安堵を約束し、ハプスブルク家の臣下に迎え入れるのです。それ以後、リヒテンシュタイン家はハプスブルク皇帝家の忠実な家臣として今日に至っています。

さて、こうしてハプスブルク家の臣下となったリヒテンシュタイン家は、その下で地道に主君に忠実に仕え、新たな所領と城を増やしていきます。その数は二十数か所に上り、ハプスブルク家の家臣でも指折りの富豪として無くてはならない存在になっていきます。その間にリヒテンシュタイン一族は、主君ハプスブルク家が政略結婚によってヨーロッパ中に勢力を伸ばし、神聖ローマ皇帝位を世襲し、やがて「日の沈まない帝国」を築き上げていく歴史の大きな流れの中で、政治面においては宰相や蔵相、ローマ教会などの宗教面においては枢機卿、軍事面においては将軍などハプスブルク家を支える有能な人物を次々に輩出し、その功績で爵位も侯爵位を得るのです。

リヒテンシュタイン家は政治や軍事だけではなく、商才にも長けていました。特に彼らが重視したのが「金融」で、後にこれは後述する当家の家業になるのですが、その礎はすでにこの時期に出来ていました。こうして13世紀後半から17世紀後半までのおよそ400年の長きにわたり、リヒテンシュタイン家はハプスブルク家の忠実な家臣として物心両面で代々帝国を支え続けたのですが、17世紀の末になると、当家にそれまでなかった新たな考えが浮上していきます。それは、

「自分たちだけの国が欲しい」

というものです。そして彼らはその実現に向けて静かに動き出すのです。それにしても、なぜリヒテンシュタイン家はそのような「夢」を思い描くようになったのでしょうか? すでに当家はハプスブルク家家臣の中でも指折りの名門で、特にその富裕さでは群を抜いていたはずです。すでに両者の主従関係は400年以上続き、普通に考えればこのままハプスブルク家の臣下として生きていくのが妥当なはずです。

実は、これにはある歴史上の大きな変化が原因でした。少し時代をさかのぼって17世紀の前半、ハプスブルク家の支配する神聖ローマ帝国で大規模な戦争が勃発します。これは「ドイツ三十年戦争」と言い、当時のほぼすべてのヨーロッパ諸国を巻き込み、その名の通り1618年から1648年まで30年続いた長期戦争なのですが、この大戦争でリヒテンシュタイン家はもちろんハプスブルク家の側に立って戦い抜きます。

やがて戦争が終わると、戦争に参加した各国の間で国際条約が結ばれます。それがウェストファリア条約(ヴェストファーレン条約)です。それによると、神聖ローマ帝国内の300に上る大小の諸侯はそれぞれが主権を持つ独立国家として承認し、互いにそれを尊重しあうというものでした。

これにより、神聖ローマ帝国は名ばかりのものとなり、同時にハプスブルク家の神聖ローマ皇帝としての地位も「お飾りの名誉職」となり、つまりハプスブルク家は帝国内の全諸侯を支配する事は出来なくなったのです。ハプスブルク家はドイツから本拠地のオーストリアとボヘミア、ハンガリーなどの東ヨーロッパに退き、それまで戦乱の絶えなかったドイツではようやく平和が訪れました。

思えば、リヒテンシュタイン家がハプスブルク家の臣下となったそもそもの理由は、各地に散らばる彼らの所領の保全のためでした。戦乱の絶えない弱肉強食のヨーロッパ中世においては、そうするのが生き残るための最善の策である事は前段で述べた通りです。しかし、そうした戦乱の時代が終わりを迎え、初歩的とはいえ国際秩序というものが形成されると、もはや強者の影に身を置くのは必ずしも必要ではなくなったのです。

そこで彼らは自立へと大きく舵を切る道を選択します。しかし、それには一つの制約がありました。それは

「我らが国を興すには、ハプスブルク家の支配する地域の外でなければならない」

という事です。400年以上の長い間仕えたハプスブルク家に対し、リヒテンシュタイン家は何にも代えられない大きな恩がありました。リヒテンシュタイン家がこうして存続出来たのも、ひとえにハプスブルク家の庇護の下にあったおかげです。リヒテンシュタイン家はハプスブルク家の領土内に数多くの所領を与えられていましたが、その中に独立国家を作るわけにはいかなかったのです。

そんな制約を踏まえつつ、自立のために最初に動き出したのは第3代リヒテンシュタイン候ハンス・アダム1世です。彼はハプスブルク家の領土外で、リヒテンシュタイン家が国を興すにふさわしい適地を探します。そして目を付けたのが現在のリヒテンシュタイン公国のあるシュレンベルクとファドゥーツの地でした。ちょうどその頃、この隣り合う二つの地は、それまで統治していたホーエンエムス伯爵家が散財による負債にあえいで売りに出していたからです。


1200px-Johann_Adam_Andreas_v_Liechtenstein.jpg

上が第3代リヒテンシュタイン候ハンス・アダム1世です。(1662~1712)彼は財政管理に優れたいわば財政通で、その手腕はハプスブルク皇帝家からも高く評価されていました。さらに彼は美術の熱心な愛好家で、彼は儲けた金を惜しみなく美術品の収集に注ぎ込み、膨大な美術コレクションを残す事になります。(現在のリヒテンシュタイン侯爵家が所蔵する美術品のコレクションは、ほとんど彼が買い集めたものだそうです。)

ハンス・アダム1世は後継男子を残さず亡くなったので、爵位と領地は一代置いて一族のアントン・フロリアンが継承します。そして彼の代になって、リヒテンシュタイン家は念願の自立を果たす事に成功するのです。


800px-Anton_Florian_v_Liechtenstein.jpg

上が第5代リヒテンシュタイン候アントン・フロリアンです。(1656~1721)彼は時のオーストリア皇帝カール6世の家庭教師を務め、皇帝に対して心理的な影響力を持っていました。(今風に言えば、かつての担任の先生ですからね。笑)彼は皇帝とのそうした特殊な関係を利用し、1719年に皇帝から先々代のハンス・アダム1世が用意していたファドゥーツとシュレンベルクの地に、一つの国を建国して良いとの許可を得る事に成功するのです。彼の在位はわずか3年の短期間でしたが、彼こそ事実上のリヒテンシュタイン公国初代君主となります。

こうして1719年1月、念願のリヒテンシュタイン公国が誕生したのです。しかし、それはリヒテンシュタイン家と生まれたばかりの公国にとって新たな試練の幕開けでもありました。その後の大きな歴史のうねりの中で、この小国はさながら大海原を進むハプスブルクという巨大な船から降ろされた小さなボートのごとく、歴史という大海の荒波に揉まれながら波乱の航海を続けていく事になります。

次回に続きます。
スポンサーサイト

憲法改正を阻むもの ・ 妄想的平和主義

みなさんこんにちは。

このブログをお読みいただいているみなさんは、現在のわが国の憲法についてどのようなお考えをお持ちでしょうか? これについては、人それぞれ様々な意見があると思いますが、自分が今回冒頭でこんなご質問をみなさんに投げかけるのは、私たちの愛するこの日本という国家の根幹を成す現在の日本国憲法が、今後どうあるべきかという事について、みなさんにもお考えいただきたいと思ったからです。

連日ニュースで報じられている様に、わが国の周辺では、まともな常識と理性が全く通用しない二つの国が不穏な動きを見せています。言うまでもない事ですが、一つは北朝鮮、そしてもう一つは中国です。特に前者は、封建的世襲独裁政権の下で、長距離弾道ミサイルの発射と核実験を繰り返し、また後者は、かつて大国としてアジアに君臨したノスタルジーへの回帰という身勝手な理由から、「中国の夢」と称する幼稚なスローガンを掲げ、海軍力を増強して複数の空母と多数の艦艇を続々と建造し、東南アジアから西太平洋に至る海洋進出を図ろうとして、わが国をはじめとする周辺国との間で対立を招いています。

つまり、現在わが国の周辺は、いつ戦争が起きても何ら不思議ではない非常に危険な状況下にあるのです。その様な中にあって、わが日本は米国の強力な軍事的後ろ盾を背景に、インド、ベトナム、フィリピンなどの周辺国とともにこれらと対峙する戦略をとっているわけですが、わが国が真にこれらの国々と足並みをそろえて行くにあたり、絶対に変えなければいけないものがあります。

そう、それが現在の日本国憲法です。中でも取り分け絶対に改正しなくてはならないのが、みなさんもご存じの第9条ですね。

1 日本国民は正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力はこれを保持しない。国の交戦権はこれを認めない

一応、上にその条文を載せました。(個人的な感情を申し上げて恐縮ですが、自分がこの世で最も大嫌いな文章です。目にするたびに寒気と同時に虫唾が走ります。怒)

にもかかわらず、わが国の中には今だにこの憲法の改正に反対する声が根強く存在し、それがゆえにわが国は「普通の国」になれずにいます。ここで言う「普通の国」とはどんな国の事でしょうか? そう、それは国民の生命と財産、領土、領海、領空を断固として守り、そのために自国の意思と判断で武力行使も出来る国家の事です。

ちなみに日本以外の他の主要国は、これまでに一体どれくらい憲法を改正しているかご存知でしょうか? これについては下の図をご覧ください。


cdcac67724898b3596436ee0a7ba2162.jpg

上のグラフは主要先進国における憲法改正回数を表したものです。それぞれの国によって改正すべき事情があったものと思われますが、中でもドイツはなんと58回も改正していますね。(この図ではイギリスが含まれていませんが、これには理由があります。実はイギリスという国は、明確な憲法というものが存在しないのです。しかし、それは「憲法」という形に集約していないだけの事であり、どこの国の憲法にも書かれているようなごく当然の規定は各法律にある事から、それを個別に適用するというスタイルを取っているそうです。当然、その個別の規定の改正は何度も行われています。複雑ですね。苦笑)

ここで、意外に知られていない事実をお話しておきましょう。実はわが国は、敗戦後の現行憲法はもちろん、戦前の大日本帝国憲法時代においても、歴史上一度も憲法を改正した事がないのです。唯一の例外は敗戦後の旧帝国憲法から現行憲法への移行ですが、これは改正というよりも全く新しい別のものに「総取り換え」したという方が正しいでしょう。

また、旧帝国憲法においては、統治権の総攬者(そうらんしゃ 「国家を統治する全ての権利を持つ」という意味です。)にあらせられた天皇にのみ改正発議の権限があり(旧帝国憲法第73条)つまり、天皇ご自身が改正したいとお思いにならなければ出来ない仕組みになっており、明治、大正、昭和の三帝はどなたもそれを行使される事はありませんでした。

それに対して現在の日本国憲法においての改正条件は、国会において衆参両院の3分の2の賛成(議員全員の3分の2ではなく議決に参加した議員の3分の2です。といってもその数にも定足があり、総議員の3分の1以上とされています。)によって発議し、その後国民投票にかけて、投票総数の過半数(これも有権者の過半数ではなく、投票した人の過半数という事です。)をもって国民の承認を得たと解し、天皇が公布される手はずになっています。(第96条)

さて、その旧帝国憲法ならいざ知らず、なぜ、わが日本は現在の憲法を改正出来ずにいるのでしょうか? ここから述べる事は、全くのド素人の一個人の考えですので、それを踏まえてお読みいただきたいのですが、まず第一に、何と言っても昭和20年8月のあの惨めな敗戦の自虐的な反省から、一方的に「戦争は絶対悪」という極端な妄想的平和主義を作り上げてしまった事が最大の原因と思います。

一口に戦争と言っても、その戦争にもいくつかの種類があります。代表的なものを以下に列挙すると

1 侵略戦争・・・・・自国の利益のために他国を征服するもの

2 防衛戦争・・・・・他国の攻撃から自国を守るもの

3 独立戦争・・・・・ある地域が分離独立を求めて支配国と争うもの

4 干渉戦争・・・・・他国の混乱に軍事介入するもの

5 国内戦争・・・・・国内で二つ以上の勢力が主導権を奪い合うもの(内戦)

などです。上に挙げた戦争のうち、侵略戦争や現在も途上国で良くある内戦(そのほとんどが醜い権力争い)などは、戦争でも最も悪名高いものとして言うまでもありませんが、防衛戦争や独立戦争などは、必ずしもそうではありません。特に、他国からの卑劣な攻撃に対して自国を守る防衛戦争は、全ての独立国家が等しく共有する自存自衛のための当然の権利ですし、独立戦争なども、その多くは支配国による圧政(重税、強制労働、様々な弾圧など。)から解放されるためにその民衆が戦い、独立を勝ち取って自分たち自身の国家を樹立するものだからです。そう、戦争というものは目的によって、その性質が大きく異なってくるのです。

つまり戦争というものは「絶対悪」ではなく、状況によってはやむを得ず起こり得る「必要悪」なのです。

しかるにわが国の現状を見てください。戦後70年以上行われてきた硬直化した教育の結果、国民の間には「戦争」という文言が出るだけで

「戦争は絶対にしてはいけない悪い事」

という視野の狭い誤った価値観から、国内外の状況や経緯、事情を深く考えもせずに条件反射的にすぐに「反対」する感情が出来上がってしまっています。

自国にも相手国にも多くの人的・物的損害を出し、双方に相手国に対する憎しみの怨嗟を生み、莫大なお金のかかる戦争というものが良くないのは言うまでもない事です。平和が一番なのは当然の事です。しかし、平和というものは何も考えずに永続するものではありません。なぜなら、たとえばわが国の方で一方的に平和を主張して戦争を避けようとしても、相手側もそれを望んでいるとは限らないからです。

戦争を避け、平和を維持していくためにはあらゆる手段を講じる必要があります。そのための選択肢として、軍事力とその行使は必要なのです。もし全ての努力が断たれ、やむなく開戦となった場合には、国を守る手段は軍事力以外にありません。話し合いやお金だけでは国は守れないのです。

さらにもう一つ、ここで申し述べておかなければならない事があります。冒頭で述べた様に、現在わが国の周辺は緊張した国際状況にあります。といってもこれは今に始まった事ではなく、わが国が敗戦後ずっと続いてきた状態です。その間70年以上に亘って幸いな事に、わが日本は他国からの武力による攻撃や、戦争に巻き込まれる様な事にはなりませんでした。

しかし、これは平和憲法のおかげではありません。わが国は世界最大最強の軍事力を有するアメリカ合衆国という国家と「日米安全保障条約」を結んでいます。これは今さら言うまでもなく、日本への攻撃に対してアメリカに守ってもらう代わりに、日本はアメリカ軍に日本への駐留と基地を提供し、その駐留費用も負担するという片務条約です。そう、これまで日本が平和でいられたのは、憲法で平和主義や戦争放棄を掲げているからという情緒的な理由ではなく、日本にアメリカ軍がいるから、つまり、日本の背後にはアメリカがいるという物理的な理由から、ロシアも中国も手を出せずにいただけなのです。決して勘違いしてはなりません。

わが日本は人口1億2500万を数え、年間の国内総生産は550兆円を超える世界第3位(実際は2位ですが)の経済力を持つ豊かな国であり、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、カナダと並ぶ世界の7大先進国の一つです。さらに重要なのは、今名を挙げた古くからの欧米列強諸国以外では、唯一白人以外の先進国です。

このわが国の国際的地位は、今からおよそ150年前の明治維新に始まる私たちの祖先の尊い犠牲、血と汗とたゆまぬ努力によって築いた偉大な遺産であり、子孫の私たちはその偉大な遺産を継承して生きているに過ぎません。私たち日本国民が世界中の国々がうらやむ豊かな生活が出来るのも、全てこれら先人たちのおかげであり、現在の私たちは、その先人たちの偉大な遺産であるこの日本という国家を子孫に残し、受け継がせていく崇高な義務があります。

そのために、今の私たちに課せられた大きな問題、憲法改正を実現しなければなりません。これを実現してこそ、わが日本は本当に自立した「普通の国」になれるのです。今回、何かの縁でこの駄文を読んでいただき、自分の訴えにご賛同いただける国民の方が少しでも増えてもらえれば良いと心から願うものであります。

続く。

日本の反戦映画は日本の庶民を被害者として描くものばかり

みなさんこんにちは。

2017年(平成29年)も半分をとうに過ぎ、今年も8月15日がやって参りました。そう、みなさんもご存知の「終戦記念日」(この呼び方は「敗戦の日」と改めるべきではと強く憤りを感じています。戦争に敗れて何が「記念日」でしょうか。怒)です。

毎年この時期になると、テレビなどでは過去に制作された戦争映画やアニメなどが放映され、幼稚で感情的な反戦、平和がマスメディアによってわが国民に訴えられてしまうわけですが、こうした状況を見て、これまで自分が長い間疑問に思い、そして今後大きく是正すべきと思うある点について、今回この場を借りて訴えさせていただきたいと思います。(あくまで一個人の勝手な主観での主張です。)

そのある点とは、タイトルにも示した様に、とにかく日本で作られる戦争を描いた映像作品は、映画、ドラマ、アニメにかかわらず、ほぼすべてが「日本の庶民が被害者として描かれるものばかり」という事です。

もちろんいうまでもなく、日本の一般市民も戦争の犠牲者です。歴史好きの方でなくても、私たち日本人の多くが一般知識として良く知っている様に、わが国は先の大戦により直接戦闘に参加して戦死した軍人だけでなく、多くの一般国民も犠牲となって亡くなりました。特に、大戦末期の本土空襲、沖縄戦、そして広島、長崎への原爆投下により、その死者は合計でおよそ80万人に達するとみられています。(正確な死者の数は、各都道府県、市町村レベルで統計にばらつきがあるために不明です。)

B29の大編隊により、雨あられと降り注ぐ焼夷弾によって焼かれていく炎の街の中を逃げ惑う人々、上陸する米軍と迎え撃つ日本軍との戦闘に巻き込まれ、集団自決に追い込まれて死んでいく沖縄の人々、そして原爆で焼き殺される人々、これらはこれまで数多くの映画、ドラマ、アニメなどで散々描かれてきました。

それらは、もちろん個別にそれぞれ優れた作品ではあるのですが、ここで一つ冷静かつ根本的に考えてみてください。そもそも先の大戦すなわち大東亜戦争(「太平洋戦争」と一般に言われていますが、この呼び方はアメリカ側から見て付けられたものであり、わが国が先の大戦によって戦った戦線は、中国大陸から東南アジア全域、そしてインドに至る広大なものであり、太平洋はその半分に過ぎません。ゆえに西太平洋を含む今日の東アジア全域を指した大東亜戦争と呼ぶのが本来妥当なのです。下図参照)は一体誰が引き起こしたものか?

81306024014487.jpg


そう、それは言うまでもなくわが日本自身です。私たちの愛するこの日本という国家が、かつて「大日本帝国」と称して欧米列強諸国に並ぶ強大国を目指し、これらとの対立の果てに引き起こしたのがあの大戦なのです。

戦争というものは当然の事ながら相手があります。相手とはつまり、交戦国である敵国、そして占領され、戦闘になれば戦場となってしまう周辺諸国です。そのうち、敵である交戦国(アメリカ、イギリス、オーストラリア、中国)は別として、わが国が大東亜戦争開戦にあたって攻め入り、占領した国々の人々に対し、侵攻したわが日本軍がいかに傍若無人にふるまい、現地の人々にどれだけの苦痛と損害を与えた事か、「自分たちが被害者」みたいな描き方のフィクションばかり見て育った現代の日本人の中で、その事まで考える事が出来る者が、果たしてどれだけいるでしょうか。


5225.gif

上に大東亜戦争において、わが国が侵攻したアジア各国の人的損害を表したグラフがあります。このうち、突出して最も損害の多い中国の場合は、中国共産党政府によって1941年(昭和16年)の大東亜戦争開戦より10年もさかのぼる1931年(昭和6年)満州事変以来の死者を含めても「1000万人」などと極端に誇張(同時に捏造)されており、当てにはなりませんが(一体どういう計算で割り出したのでしょうか?呆)それ以外の各国の死者の数がどれだけ多い事か良くご覧ください。

インドネシア、ベトナムにおいて前者は400万人、後者において200万人もの人々が亡くなっています。(これも、数字に大きな誇張があるようですが、中国の様に日本を悪者にするための意図的な誇張ではなく、正確な統計記録がないために、戦前の人口から戦後の人口を差し引いて割り出されたものです。しかし、少なく見ても100万人以上の人々が犠牲になっているのは間違いないでしょう。)この二か国でこれほどの膨大な死者を出した原因は何かご存じでしょうか? その原因は飢餓によるものです。日本軍は占領した東南アジア地域から、すでに食糧不足に陥っていた日本帝国本土に送るために大量の米を強制的に供出させ、収穫を根こそぎ奪われ、ただでさえ貧しいこれらの国々の人々は飢えに苦しみ、農民を中心に数百万に達する餓死者を出したのです。

先に述べた日本での戦争ものの映画やドラマ、アニメなどにおいても、戦時下においてお腹をすかせる描写が良く描かれますが、日本占領下のこれらの地域では「お腹を空かせる」などという次元のレベルでは到底表現出来ないほどの大飢饉により、多くの人々が餓死していったのです。

さらに日本軍は、占領下の国々の人々に紙切れ同然の「軍票」をばらまき、「労務者」として駆り集めて過酷な強制労働に従事させました。その数も数十万人を超え、死者は7万人以上に達したそうです。奪われたものは「人」だけに限りません。日本軍は物資の荷役に使うために、農民たちにとって最も大事な財産である「牛」などの家畜を軍票と強制的に交換させ、これによりこれらの国では農民たちが農作業に従事できなくなり、それが先の飢饉の引き金にもなったのです

フィリピンにおいても、100万以上の人々が亡くなっています。この国は先の二か国と違い、その国土の多くが日本軍と米軍との激しい戦闘により戦場となり、多くのフィリピン国民が戦闘に巻き込まれたからです。

もちろんわが国が大東亜戦争開戦前から続けていた中国における戦闘でも、その犠牲者が極端に誇張されている点を差し引いても、100万以上の中国人民が亡くなっているのは確かです。

つまり、自分が今回ヘタクソな駄文で訴えたいのは(ヘタクソな駄文は毎回ですが。汗)映画であれドラマであれアニメであれ、戦争ものの映像作品を作って反戦を訴えるのなら、加害者としての日本の姿と、それによって犠牲になった多くの周辺諸国の人々の姿も描くべきだという事です。

特に、これからわが日本の未来を担う若者や子供たちが、先に述べた様に「日本の庶民が被害者として描かれるものばかり」の偏った主観のフィクションばかりを見て育ち、将来彼らが海外で活躍する中で、これらの国の人々に、

「自分たちで戦争を引き起こして周辺諸国に大変な犠牲を出して起きながら、その戦争で日本人は自分たちだけがひどい目にあったみたいに考えるだけで、こっちが戦時中に味あわされた苦痛を何も考えず、それどころか知りもしないのか」

と呆れられてしまうでしょう。

今回、何かの縁あってこの駄文を読んでいただいた方の中で、こうした映像作品の制作に当たる仕事に従事されている方があれば、今後は観点を大きく広く取り、そうした点にも目を向けた作品作りをしていただきたいと切に願うものです。

終わり。

民主主義の影にさまようソビエトの亡霊 ・ クレムリン(後編)

みなさんこんにちは。

前回に引き続き、今回もロシアの歴史を黙って見続けてきた「沈黙の証言者」ともいうべきクレムリンについてお話ししたいと思います。

血に飢えた恐怖のツァーリ、イヴァン雷帝の死後、その跡を継いだ息子のフョードル1世が1598年に世継ぎを残さず亡くなると、およそ736年続いたロシア第一王朝リューリク朝はここに断絶してしまいます。そして、その後のロシアは激しい混乱の時代を迎える事になりました。ロシアにおいて「大動乱時代」と呼ばれる混迷の時代です。

この大動乱時代は先の、リューリク朝最後のツァーリであったフョードル1世の死から1613年までおよそ15年もの間続き、その間にロシアは国内においては短命皇帝の乱立、その混乱に付け込んで侵攻した隣国ポーランドとスウェーデンとの戦争、三度の大飢饉など、まさに目も当てられない危機的状態に陥ってしまいます。

そんなロシア国家の危機に立ち向かったのは、名もない一般のロシア人たちでした。彼らは国民義勇軍を組織し(その指導者はクジマ・ミーニンといい、その職業は軍人でも何でもない、なんと「肉屋」だったそうです。笑 ミーニン「将軍」はその功績により、後に述べるロマノフ王朝において貴族に取り立てられ、今もロシアの英雄として語り継がれています。)10万の大軍に膨れ上がったロシア軍は侵攻してきたポーランド軍やスウェーデン軍を撃退、見事ロシアから追い払ったのです。

1613年2月、外敵を追い払ってやっと混乱を収束させたロシアでは、貴族、教会、市民の代表から成る全国会議を開催、新たなツァーリの選出が行われます。それによって新ツァーリに推戴されたのは、前王朝リューリク朝の外戚であった大貴族ミハイル・ロマノフでした。ここに、あのロマノフ王朝が成立したのです。

Michail Romanov

上がロシア第二王朝ロマノフ朝の創始者ミハイル・ロマノフです。(1596~1645)上の画像は晩年のものですが、彼がツァーリに即位したのはまだ17歳の若さでした。彼の一族ロマノフ家がツァーリに推戴されたのは、前王朝のイヴァン雷帝の最初の妃であったアナスタシアがロマノフ家から「輿入れ」し、雷帝の寵愛を最も受けた事が大きく影響していました。

この新王朝ロマノフ家の統治の下で、ロシアは再び大国への道を登り始めます。特に、ロマノフ王朝5代目のツァーリ、ピョートルの時代に、ロシアは大きく激変します。1721年、ピョートルはそれまで全ロシアの君主としての意味合いしか持たなかった「ツァーリ」に代えて、「インペラトール」すなわち「皇帝」を称し、自ら皇帝ピョートル1世として即位、同時に国名もロシア帝国と改めたのです。


3f664582e95ad8f550e1073a05853c96.jpg

上がそのピョートル1世です。(1672~1725)彼については、その強力な指導力によってロシアの近代化と改革を推し進め、それまではるか東の遅れた辺境国にすぎなかったロシアをヨーロッパの強国に押し上げた偉大な皇帝として、ロシア皇帝として唯一「大帝」として崇められています。実際の彼はなんと身長2メートル13センチもある大変な大男で(おそらく記録に残る世界史上最も背の高い君主ではないでしょうか? しかし、そんな大男なのに寝る時は小さなベッドでうずくまって寝ていたそうです。笑)それほど長命だったわけではないのですが(53歳で崩御)その在位中の数々の風変りなエピソードで歴史好きな方には良く知られていますね。

さて、この頃クレムリンはどうなっていたのでしょうか? 実はこのピョートル大帝の時代から、ロシアの首都はモスクワから大帝が新たに建設したサンクトペテルブルクに遷されてしまいます。そう、あまり知られていませんが、帝政時代のロシアの首都は一貫してサンクトペテルブルクであり、モスクワがロシアの首都に返り咲くのは、1917年のロシア革命によってロマノフ王朝が倒され、帝政が滅んでから後の事なのです。

しかし、その間もロシア最大の都市であるモスクワの地位は揺らぐ事は無く、当然クレムリンもロマノフ家の重要な宮殿として歴代皇帝の下で増改築が進められていきました。


83N838C8380838A8393205B8DX90V8DCF82DD5D.jpg

Grand_Kremlin_Palace,_Moscow

上がクレムリンの全景と、そのクレムリンの象徴ともいうべき大クレムリン宮殿です。この大クレムリン宮殿は、1849年に当時最新の技術と最高級の資材をふんだんに使って建造されたロシア建築の最高傑作で、ロマノフ家がその財力にものを言わせ、威信をかけて作り上げた宮殿です。一見すると外観は三階建てですが、実際の内部構造は二階建てで、一階部分にロマノフ皇帝家一家の日常の私室が並び、二階部分に外国使節の謁見や勲章授与式などの国家行事を行う大ホールが並んでいます。

23181-Grand_Kremlin_Palace_Andreevsky_hall_3-1024x740.jpg

Moskova-Asyada-Bir-Kizil-Sehir_Kremlin-Sarayi_1000.jpg

Grand_Kremlin_Palace_Andreevsky_hall_1.jpg

上は先に述べた大ホールの一つ「アレクセーエフの間」です。ロマノフ皇帝家の紋章である「双頭の鷲」(オーストリアのハプスブルク家も双頭の鷲を紋章にしていますが、そもそもヨーロッパにおいて双頭の鷲は古代ローマ皇帝を意味するもので、ハプスブルク家はかつてのドイツ神聖ローマ皇帝、そしてロマノフ家は東ローマすなわちビザンツ皇帝の後継者を自認していた事から、両皇帝家ともローマ皇帝の紋章を家紋にしていました。)背後に皇帝の黄金の玉座が置かれています。

わが国の皇居でいえば、正殿中央の「松の間」に相当するものでしょう。しかし、第二次大戦後に再建され、一切の装飾を省いたミニマリズムの極致ともいうべき日本建築の代表であるわが国の皇居とは対照的に、当時のヨーロッパ宮殿建築の粋を集めた絢爛豪華な姿には圧倒的な魅力がありますね。(とにかく宮殿内部は、どこもかしこもこんな風に目もくらむような「キンキラキン」です。笑)


e95a87a9c8c42273c6af1263455883b5bc5f6c141621124.jpg

1_2_armoury_chamber_in_moscow.jpg

上は宮殿内部の部屋の一つ「ミカエルの間」です。ロシア正教の聖人の名を冠したものですが、「宗教は大衆の麻薬」といって否定したソビエト時代を潜り抜け、良く残っていましたね。(驚)

帝政時代、ロマノフ王朝はロシア帝国の拡大とともに、海外植民地経営で巨万の富を得ていたイギリス王家と並ぶ世界屈指の財力を誇る王家となります。その象徴がクレムリンに代表されるこうした絢爛豪華な宮殿群ですが、一般のロシア国民の暮らしは貧しく、民衆は常に飢えに苦しんでいました。そうした中で、これら王侯貴族などの一部特権階級による富の独占を無くし、人民に等しく公平に国の富を分配するべきだという思想が生まれます。いわゆる「共産主義」「社会主義」思想です。

これらの思想は、ロシア国内では最初は少数派でしたが、次第に勢力を伸ばしていきます。そしてそのロシア共産主義のリーダーともいうべき人物が、みなさんもご存知のウラジミール・レーニン(1870~1924)です。


vladimir-lenin_-crowd_-communism-171818-pic668-668x444-51481.jpg

上は第一次世界大戦中の1917年10月に発生した「10月革命」でロシア民衆に演説するレーニンです。一般に「レーニン」の名で知られていますが、実際の彼の本名はウラジミール・ウリヤノフといい、レーニンとはかつて若いころの彼が一連の共産主義活動で逮捕され、流刑に処されたのがレナ川沿いの収容所であった事にちなみ、「レナ川の人」という意味で本人が名乗ったニックネームだそうです。

また、歴史上「ロシア革命」は全て彼が起こしたものであると誤解されがちですが、実際には彼は、ドイツがロシアを大戦から離脱させるための「道具」(失敬。 笑)として、スイスに亡命していた彼を送り込んだのが事実です。そう、ロシア革命とは第一次大戦が長い膠着状態に陥り、一向に戦局が動かない事に焦ったドイツが、ロシアと対峙している兵力をイギリス・フランス軍との西部戦線に振り向けるためにロシアの民衆を煽って引き起こさせたものなのです。そのリーダーとして革命を指導したのがドイツの後ろ盾を得ていたレーニンでした。

同じ君主制のドイツ帝国にとって、本来なら共産主義者を利用するなどとても危険なはずですが、戦争に勝つためにはもうドイツもなりふりなど構っていられなかったのでしょう。

「先の事はイギリスとフランスを叩き潰して戦争に勝ってからだ。その後に返す刀でロシアを片づければ良い。その前にどうせ革命など長続きはすまい。」

とタカをくくっていたのです。ドイツの計略は途中まではうまくいきました。ソビエト政権を作ったレーニンとドイツはかねてからの密約通り休戦協定を結び、ソビエトは大戦から離脱、これによりドイツはロシア方面(東部戦線)の兵力の大半をイギリス・フランス連合軍との西部戦線に振り向け、一気に戦争に「ケリ」を着けるべく一大反攻作戦を開始するのですが、弾薬の補給が追い付かずに作戦はとん挫、そうこうしているうちにアメリカが参戦して再び後退を余儀なくされ、結局作戦は失敗してしまいます。

その後、ドイツ軍は二度と態勢を立て直せずに総崩れとなり、さらに敗戦が決定的となった事を知ったドイツの民衆の間でも、隣国ロシアでの革命に触発されて革命が勃発、ドイツ皇帝ウィルヘルム2世が退位亡命してホーエンツォレルン王朝が倒れ、1918年にドイツ帝国も滅亡する事になるのです(つまりドイツは自らがロシアに仕掛けた革命が自国に跳ね返り、滅びる事になったのです。因果応報とはいえ歴史とはつくづく恐ろしいものですね。)

ともあれロシア革命は成功したわけですが、これに伴いクレムリンの支配者も入れ替わる事になります。新たに権力を握ったレーニンはソビエトの首都をそれまでのサンクトペテルブルクからモスクワに戻し、クレムリンに新政府を置きます。そして、それまでの支配者であった皇帝ニコライ2世は革命の勃発により退位、皇帝一家はおよそ1年ほど監禁された後、レーニンの命令によって銃殺されてしまうのです。彼の死により300年続いたロマノフ王朝は滅亡し、ロシアに世界初の社会主義国家が誕生する事になります。このあたりは、歴史好きな方であればよく知られていると思います。


tumblr_n8ua4kwhpu1swrhkbo1_1280.jpg

上はロマノフ王朝14代皇帝ニコライ2世(1868~1918)とその家族です。皇帝一家は退位後レーニン率いるボリシェヴィキ(これはロシア語で「多数派」という意味だそうです。実は後のソ連共産党は最初からからあったものではなく、革命直後は社会民主労働党という長い党名の政党でした。その中で徐々にレーニン一派が最大勢力を占め、それがそのままソ連共産党を指すものになったのです。)によって一年ほど逮捕監禁されていました。その理由は彼らロマノフ家がドイツ皇帝ホーエンツォレルン家と親戚であり、ドイツの支援で今があるレーニンにとってはそう簡単に処理できなかったからです。

しかし、1918年に入ってドイツの敗戦が確実になり、またロシア国内で反革命の旧帝政派(白軍)が、囚われの皇帝一家奪還のため各地で反乱を起こすと、レーニンは恐ろしい決断をする事になります。

「彼ら白軍がもし皇帝を奉じて再び帝政を復活させる事になれば、苦労して革命を起こした意味がない。300年の長き年月ロシア人民の血にまみれてきた皇帝一家は地上から抹殺すべきだ。ただちに処刑せよ。」

こうしてその命令は実行され、皇帝一家は密かに銃殺されてしまうのです。この時から、その後のロシアの行く末、暗く冷酷なソビエト時代が始まったともいえるでしょう。あのソビエト連邦という異常な国家政体の体質は、このレーニンによって作り出されたものなのです。そのレーニンも、権力の頂点にいる事が出来たのは革命後の6年余りの短いものでした。長年の革命活動による弾圧に耐えて生きて来た彼はすっかり健康を害しており、1924年に53歳で亡くなってしまいます。

それから、クレムリンの支配者は目まぐるしく変わります。レーニンの後を継ぎ、彼よりももっと冷酷で暗く、極悪非道な独裁者スターリンによる30年に亘る暗黒の時代、第二次世界大戦と戦後の米ソ冷戦下において、フルシチョフ、ブレジネフ、アンドロポフ、チェルネンコなどの歴代のソ連共産党指導部の熾烈な権力闘争を経て、ゴルバチョフの出現による改革の失敗、そしてソビエト連邦の崩壊。このあたりの流れは、昭和世代の歴史好きな方であれば良くご存じの事と思います。


rr4814_013.jpg

上は旧ソ連時代、クレムリンのレーニン廟の上から市民に手を振るソ連指導部の面々です。老人ばかりですね。にこやかな表情の裏で、彼らお爺さん連中(失敬 笑)は熾烈な権力闘争を繰り広げていたのです。米ソ冷戦時代、アメリカをはじめ西側諸国では、情報閉鎖社会の旧ソ連の内部構造の分析に、中央のブレジネフを挟み、その横に並ぶ幹部らの立ち位置によって、ソ連共産党における序列を推測していました。これを「クレムリノロジー」といいます。

それから・・・。ソ連崩壊から20年余の月日が流れ、現在クレムリンの(というよりロシアの)支配者は今日みなさんもご存知のウラジミール・プーチン大統領(1952~)です。エリツィンの後を継ぎ、2000年にロシア連邦2代大統領に就任して以来、ほぼ一貫してロシアの頂点に君臨し続けています。


image04.jpg

上はクレムリンの大統領府において、衛兵の敬礼を受けつつ公式会見の場にさっそうと歩むプーチン大統領です。就任当初からその若さと開明さ、そして強力なリーダーシップを期待され、彼の在任中ロシア経済は大きく成長、国民の年収はなんと8倍にまで伸びたそうです。それゆえ現在もロシア国民に強く支持されています。

CAtkQlpVEAICJph.jpg

テーブルにご馳走を並べてくつろぐプーチン大統領。自分でティーポットからお湯を注いています。彼は良く私生活のこうした飾り気のない一面を積極的に公開して内外のマスメディアに好感を持って報じられています。実際、個人としての彼は以前にもご紹介したように大変な親日家であり、柔道の黒帯の有段者でもあります。(自分も一個人としての彼は好きです。あくまで個人としてですが。笑)しかし、国家の指導者、政治家としての彼は、自分への反対者に対して容赦なく攻撃する実に冷徹な面が近年顕著に見られる様になってきています。

それはあたかも、旧ソ連指導部の亡霊が今なお彼を介してクレムリンをさまよい歩き、民主主義になったはずの今日のロシアでまたも同じ事を繰り返しているように見えてなりません。なぜならプーチン氏は、あの旧ソ連の秘密情報部KGB出身であり、かつて若い頃は謀略と特殊任務に従事したれっきとしたエージェントであったからです。

そのプーチン大統領も就任からすでに17年に達し、ソ連時代のかのブレジネフ書記長の在任期間を超えて戦後ロシアにおける最長の指導者になる事は確実です。今後の彼とロシアの動向については、わが日本も北方領土の関係から目が離せません。


157217089.jpg

最後に、今回のお話を締めくくるにあたり、クレムリンのもう一つの「顔」をご紹介しておきましょう。クレムリンと言えば、上の様に高く足を上げて一糸乱れずに歩いて交代する衛兵の姿がソ連時代から有名ですね。一切表情を変えず、数人で時間が来たら交代する彼らの姿は、現在モスクワを訪れる世界中の観光客にも大人気で、彼らの「マネ」をして歩く子供たちの姿がなんとも微笑ましいです。(わが国でも、皇居において天皇陛下を護衛する皇宮護衛官の交代が同様にありますが、失礼ながらなんとも味も素っ気もないつまらないものです。これは自分の日本国民としての個人的な提案ですが、将来憲法改正によって自衛隊が国軍となった暁には、天皇陛下直衛の近衛部隊を国軍から選抜し、諸外国のような衛兵交代式を皇居前広場で国民の前に披露する事を希望します。外国の観光客にも喜ばれるでしょう。)

24349-Changing_the_Guard-682x1024.jpg

1e8aaeed5d.jpg

「カツカツ」と規則正しく音を立てて歩くクレムリンの衛兵たち。良くもこんなに高く足が上がるものです。スマートでスタイルの良いロシアの若い衛兵さんたちが無表情で首を傾けて敬礼する姿は観光客にも大人気です。もしかすると、今のクレムリンの本当の主役は、大統領ではなく、彼ら若い衛兵たちかもしれませんね。(笑)

終わり。

ヴァイキングが創ったローマ帝国!? ・ クレムリン(前編)

みなさんこんにちは。

今回ご紹介する宮殿は、世界最大の国土面積と強大な軍事力で、今なおアメリカのライバルとして世界に認識される「超大国」ロシアから、首都モスクワにその威容を誇るクレムリンについてお話したいと思います。

このクレムリンは、後で詳しく述べていく様に、元はロシア帝国の宮殿の一つだったものですが、昭和世代の多くの日本人にとっては、なんといってもその後に成立した旧ソビエト連邦の中枢としての不気味で暗いイメージ、あの「赤の広場」でのソ連軍の壮大な軍事パレードを思い浮かべる方が圧倒的に多いのではないかと思います。

自分は東西冷戦と米ソの軍拡競争がそのピークに達していた1980年代前半に小学生でしたが、あれから30年以上の時が過ぎ、しがない中年男(笑)になった今でも、当時テレビのニュースで盛んに流されていたあの頃の映像は今でも強烈に印象に残っています。

Ray_Cunningham_05.jpg

0_3477d_2053071a_orig.jpg

fc2blog_20170603192940e91.jpg

fc2blog_20170603193017fbd.jpg

上は旧ソビエト連邦時代のクレムリンと、その前に広がる「赤の広場」での軍事パレードの様子です。暗く寒々しいどんよりとした曇り空に翻るソ連国旗の赤旗の下、ソ連の生みの親レーニンの巨大な絵の前で、雪のちらつく中を恐ろしい数のミサイルや戦車が通り過ぎる姿。これが自分の進歩のない幼稚な頭(笑)で思い描く「悪の帝国」と恐れられた旧ソ連のイメージです。

もちろん冒頭で述べた様に、このクレムリンは社会主義国家ソビエト連邦が建造したものではありません。その歴史は大変古く、今をさかのぼる事900年前に始まります。それは今日のロシアが国家として歴史に登場した時期とほぼ重なり、つまりこのクレムリンは、ロシアとともに生まれ、ともに歩み、ロシアの歴史を見続けてきたまさに「ロシアそのもの」といっても良いでしょう。

それでは、そんなクレムリンの誕生から今回のお話を始めていきたいと思います。

ところでみなさんは、ロシアという国がいつ頃、どんな経緯で誕生したかご存知でしょうか? 話が大きく脱線する自分の悪い癖(汗)で恐縮なのですが、このクレムリンについてお話を進めていくにあたり、それはロシア建国にどうしても触れずには置けないため、ここで簡単にご説明して置きましょう。

今日私たちがロシアと呼ぶ国家は、当然の事ながら最初からこんな広大な領土を持つ国であったわけではありません。その創成は今からおよそ1200年ほど前の9世紀から始まります。その当時、ウラル山脈の西側から現在のウクライナ、フィンランドにかけての地域には、スラヴ人が多くの部族に分かれて暮らしていました。もちろん彼らに「国」という概念はまだありません。そんなヨーロッパでも再辺境のこの地に、そのスラヴ人たちが「ヴァリャーグ」と呼ぶ民族が北方から船で川をさかのぼり、この地にやってきます。

Варяги

上がその「ヴァリャーグ」と、スラヴ人たちの交流を描いた絵です。「ヴァリャーグ」とは、つまりみなさんも良くご存じのあの「ヴァイキング」の事で、スカンジナヴィアを発祥として北方海域を荒らしまわった強大な海洋武装民族の事ですね。一般にヴァイキングというと、「海賊」というイメージが強く、実際西ヨーロッパでは略奪の限りを尽くして有名ですが、ヴァイキングたちによるそうした略奪は初期の頃の話で、当初は野蛮な荒くれ者の集団であった彼らも、キリスト教に接して文明的な生活を知ると、次第に交易によって富を得る様に進化していきます。上の絵でも、毛皮や貴重な香辛料などの交易品をスラヴ人たちとやり取りしています。一方スラヴ人たちの方は、強力な武力を持つヴァリャーグに「駐留」してもらい、自分たちのテリトリーを他の部族から守ってもらうわけです。

こうして交流を重ねるうちに、スラヴ人たちもヴァリャーグを支配者として受け入れ、彼らは次第に同化していきます。やがて、そのヴァリャーグの中で、ノルマン系ヴァイキングの一派ルーシ族の族長であったリューリクという人物が、862年ごろにロシア北方ラドガ湖の近くに位置するノブゴロドという街を根拠地として「ノブゴロド公国」という都市国家を建国しました。


1381137466_rjurik.jpg

上がそのリューリク(830?~879?)と伝わる人物の絵です。金髪で青い目の屈強な男たちから成る強力な軍団を従えた威厳に満ちた王様ですね。といってもこの人物、実は250年以上も後の1100年代に書かれた年代記に登場するのみで、実在したかどうかはっきりとした確証がない伝説の人物です。(わが国でいえば皇祖にあらせられる神武天皇に相当するでしょう。そう考えれば、伝説とはいえこのリューリクこそ、ロシア建国の父と言えるかも知れません。そして後のロシア帝国に至るまでの過程において成立する後継国家の諸国はいずれも彼の子孫をその君主とし、それゆえ彼に始まる王朝は、ロシア第1王朝リューリク朝と呼ばれています。)

その年代記によれば、リューリクの死後その一族は南下してウクライナ北部にまで勢力を拡大させ、882年にキエフを都とする「キエフ大公国」を成立させます。


standard_gardarike.jpg

上がそのキエフ大公国の範囲です。しかし、その名は歴史上「後付け」で付けられたものであり、実際には当時の周辺の国々からは「ルーシ」と呼ばれていました。それは建国の父リューリクの率いる「ルーシ族」に由来し、それが転じて「ロシア」となったのは容易に想像が出来るでしょう。

ともあれ、そのルーシに初めて事実上の統一国家として成立したキエフ大公国こそ、後のロシアのと母体となる最初の国家であり、そのキエフ時代の12世紀半ばに、現在のモスクワの地に築かれた城塞こそ、クレムリンの始まりです。その名の由来は、正にそのまま「城」や「砦」を表すロシア語の「クレムリ」から来ており、クレムリンは英語読みです。(ついでにロシアの首都モスクワの名の由来ですが、こちらは諸説あって定かではありません。ただし、古い文献には「水たまり」とか「川」の意味があるそうなので、やはり単純にそこから来ているものと思われます。)

といっても、そのクレムリンも最初から今日見られる様な堅固な石造りで築かれたわけではありません。初めは土塁に木の柵をめぐらした簡素なものに過ぎず、規模もはるかに小さなものでした。なぜなら後のロシアの首都となるモスクワは、この頃はまだこのクレムリを中心に人口も数千に満たないような、他にもたくさんある小さな街の一つに過ぎなかったからです。

このキエフ大公国は、9世紀後半に建国すると徐々に勢力を拡大させ、黒海を目指して南下していきます。しかし、その先には南の大国ビザンツ帝国があり、10世紀に入ると両国は幾度も戦火を交えますが、キエフ遠征軍は海軍力に勝るビザンツ軍にその都度撃退され、結局上の図以上に領域を拡大する事は出来ませんでした。

しかし、ビザンツ帝国との間柄は決して戦争ばかりしていたわけではなく、ビザンツを通しての交易によって入ってくる東方からの莫大な富と優れた文化、とりわけビザンツに倣ってキリスト教を国教として取り入れた事が、それまで「野蛮で遅れた辺境の民」であったこの地のルーシ人を「文明人」として大きく進歩させ、歴史上この時期に、後のロシアのアイデンティティーが形作られたと言えるでしょう。

そんなキエフ大公国でしたが、はるか東の草原から疾風のごとく押し寄せて来た強大な敵によって、1240年に滅亡してしまいます。みなさんもご存知のモンゴル帝国の侵攻です。7万5千から成るモンゴル軍はロシアの平原になだれ込み、全土を蹂躙し、徹底的な破壊と殺戮を行いました。この戦乱でモスクワのクレムリンも焼かれてしまい、一時放棄されてしまいます。

モンゴル帝国によるロシア支配は、その後200年以上続き、この時代をロシアの歴史では「タタールのくびき」と自虐的に呼び、屈辱の時代として記憶されています。(「タタール」とはヨーロッパから見たモンゴルや中央アジアの総称で、「くびき」とは畑を耕す際に牛などの家畜の首に付ける木製の太い首輪の事ですね。)

このモンゴル支配下の時代、ロシアでは滅びたキエフ大公国に代わる新たな国家が出現していました。1263年に成立したモスクワ大公国です。この国はキエフ大公国滅亡後、モンゴル支配下において分かれたいくつかの公国の一つでしたが、文字通りモスクワを都として次第に力をつけ、第9代大公イヴァン3世の時代についにモンゴルからの独立を達成します。

Ivan_vs_khan.jpg

上は1480年、臣従と貢納を迫るモンゴルの王からの手紙を破り捨て、使者の首根っこをつかんで追い返すイヴァン3世です。(1440~1505)彼の治世、ロシアは事実上モンゴル支配を脱し、彼は240年続いた「タタールのくびき」を終わらせた偉大な君主として、ロシアでは「イヴァン大帝」と呼ばれています。

彼の業績はそれだけではありません。彼の在位中、本テーマ(だいぶ内容が脱線してしまって恐縮ですが。汗)の主役であるクレムリンがほぼ現在の姿に形作られたのです。すでにその前に、クレムリンは石造りの城塞に再建されていましたが、イヴァン3世はルネサンス全盛期のイタリアからはるばる建築家を招き、クレムリンをそれまでの単なる城塞から、大公が住むにふさわしい優雅な宮殿として全面改築しました。

イヴァン3世は勢いに乗り、モンゴル支配下に乱立していた他の諸国を統一、昔日のキエフ大公国に匹敵する領域を支配します。さらに彼はこの時、ロシアをそれまでの辺境の一公国から、後の帝国へと発展させる布石を打つのです。それはちょうど彼の在位中の1453年、かの古代ローマ帝国の正当な継承国家である東ローマ帝国すなわちビザンツ帝国がイスラムの覇者オスマン帝国によって滅ぼされた事により、ビザンツ帝国最後の皇帝家パレオロガス家から皇妃を迎え、自らを「ツァーリ」(皇帝)と称したのです。

そして彼の孫で11代モスクワ大公イヴァン4世(1530~1584)は、国名をロシア・ツァーリ国と改め、その初代ツァーリとして正式に即位するのです。これにより、ロシアはかの古代ローマ帝国の系譜をビザンツから引き継ぎ、「第三のローマ帝国」と自称する様になるのですが、このイヴァン4世という王様、別名を「イヴァン雷帝」(らいてい)と呼ばれるほど気性の激しい人物で(つまり、怒ると「雷」みたいに恐ろしいという事です。)ツァーリのみに絶対忠誠を誓う者で構成された親衛隊を創設し、彼に反対する者を徹底的に弾圧、その上密告によって互いを監視させる制度を設け、少しでもツァーリに反対する言動をすればただちに逮捕、投獄するシステムを構築します。いわゆる「恐怖政治」の始まりです。

これは後のロシアの権力者によって連綿と受け継がれ、その結果、その後にロシアがたどった歴史の動きと相まって、今日に至るまでロシアという国のイメージを暗く冷たいものにしてしまう原因となりました。

イヴァン雷帝のヒステリーは年を追うごとに激しさを増していきます。特に、最初の皇妃で最も愛し、唯一彼を諫めることができた妻アナスタシアが亡くなってからは、もうその蛮行を止められる者は誰もいませんでした。アナスタシアの死後、彼はなんと7回も再婚しますがいずれも失敗、生来のヒステリー症から、ついには後継者で同名のイヴァン皇太子の妃エレナが懐妊して腹に負担がかかるからとロシア正教の儀式用の衣装を身に付けなかった事に激怒し、彼女の腹を何度も蹴り、慌てて止めようとした皇太子の頭を杖で殴打、その傷がもとでイヴァン皇太子は数日後に亡くなってしまうのです。(もうメチャクチャですね。呆)

REPIN_Ivan_TerribleIvan.jpg

上がその事件を描いた絵です。イヴァン雷帝が我に返った時はすでに遅く、皇太子は致命傷を負って27歳の若さで亡くなってしまいました。ほどなく雷帝に腹を蹴られた妃のエレナも流産の後亡くなります。雷帝はこの事を生涯悔やみ続け、ある意味で「地獄の苦しみ」を味わいながら1584年に64歳で崩御します。(記録では、自分が殺してしまったイヴァン皇子の名を呼びながら、月明かりに照らされたクレムリンの回廊をさまよう雷帝の姿が何度も目撃されているそうです。)

イヴァン雷帝にはもう一人の皇子フョードルがいましたが、知的障害で子は成せず、その上病弱で1598年に41歳の若さで亡くなると、後継者の絶えたリューリク王朝はついに断絶してしまいます。かつてヴァイキングの王リューリクが築き、そのリューリク家によって700年以上に亘り勢力を広げ、ついにはローマ帝国の後継者を自認するまでに至った王家は、その最後の当主が自らの子を殺めて幕を引く事になったのです。それは語るにはあまりにも馬鹿らしく、あっけない末路でした。そしてその舞台となってそれを見続けたのもクレムリンだったのです。

後編に続きます。
フリーエリア
フリーエリア
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 ランキングに参加しております。よろしければ「ポチッ」として頂ければ嬉しいです。
プロフィール

コンテバロン

Author:コンテバロン
歴史大好きな男のささやかなブログですが、ご興味のある方が読んで頂けたら嬉しいです。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
QRコード
QR