日清戦争13 ・ 下関条約 テーブルの上の戦争

みなさんこんにちは。

1895年(明治28年)2月、日本軍は大清帝国北洋艦隊の本拠地、威海衛の攻略に成功しました。この戦いで日本軍は、軍港内に立て篭もる北洋艦隊を全滅させ、要塞とともにこれを陥落させたのです。この勝利によって、日本は名実ともに黄海から東シナ海に至る清国沿岸の制海権を完全に手中に収め、陸上ではすでに清軍を追い出して支配下に置いている朝鮮半島と、さらには清国領土である遼東半島を攻め取り、残る目標は満州において、清の主力軍に一大決戦を挑んでこれを撃破し、その勢いをもって清の都北京にまで進撃し、清朝政府に講和を迫る事でした。

そのために日本軍は、当時の日本が持っていた陸軍常備兵力7個師団のうち、すでに大陸に派遣している遠征軍5個師団に、日本本国に残る2個師団(第4師団と近衛師団)を加えて増強、さらにそれだけでは足りないので、新たに1個師団を臨時編成し(その主力となるのは北海道の開拓で有名な「屯田兵」です。これが後の旭川第7師団となります。ただしこの師団はこの日清戦争時点ではあくまで臨時編成でした。)その他にこれまでに占領した地域の確保のために、予備役を主力とする40個大隊(およそ2万5千)をかき集め(これらは占領した各地にバラバラに分散配置されるため、「師団」などの単位ではありません。)総勢20万に達する大軍を動員する計画でした。

つまり、これにより日本はその陸軍兵力の全てを遠征させるわけで、日本本国には陸軍が全くいなくなってしまう事になります。しかし、実際には海軍にも陸上戦闘を任務とする「陸戦隊」があり、日本列島の沿岸各所に建設されていた要塞や砲台に数多くの海軍陸戦隊が配置されていたので、これを本土防衛軍とする事で当座はしのぐ予定でした。

一方、清国はこの時どうしていたのでしょうか? 実はこの時点において、清朝政府では日本と早期講和を策する和平派が大勢を占めつつありました。無理もありません。陸上では朝鮮半島と遼東半島を日本に奪われ、さらに海上ではその海軍の主力である北洋艦隊を全滅させられ、もはや清国には迫り来る日本軍から首都北京を守る最後の手段として、戦えば逃げてばかりで当てにならない寄せ集めの私兵集団に過ぎない清軍に首都の防衛を委ね、その挙げ句にまたも敗れて首都を日本軍に蹂躙されるよりも、日本への領土の割譲と賠償金の支払いを含めた講和に応じる選択肢しかなかったのです。


1164682406_3162.jpg

上は大清帝国歴代皇帝の居城であり、清王朝宮廷の中心であった紫禁城です。(「しきんじょう」 その名の由来は古代中国の天文学で、天空における中心の星である北極星を天帝の住む紫微星「しびせい」と称し、地上においてその天帝の化身である皇帝の住む宮殿「紫宮」と、庶民の自由出入りを禁じられた城「禁城」を合わせた造語だそうです。)

これは元々は元王朝の初代皇帝クビライ・ハン(1215~1294)がここを都と定めて宮殿を築いたものを、元滅亡後に中国を再統一した明王朝、さらにそれを征服した清王朝が受け継いでいったもので、当然世界遺産に登録されています。中国関連のニュース(といってもその大半が、わが国にとって常に不愉快かつろくなものではありませんが。呆)で必ず出て来るのでみなさんも良く目にされた事があると思います。正面の正門に掲げられたあの忌まわしい毛沢東の肖像と「中華人民共和国万歳云々」と書かれた悪趣味な看板が早く撤去される日が来ればいいですね。

これまでお話してきた様に、当時の清国の政治、外交、軍事の実務レベルの最高責任者は北洋大臣 李鴻章(り こうしょう)という人でした。


4739d033t78f397121e9a690.jpg

上がその李鴻章です。(1823~1901)彼の経歴に付いてはこれまで何度かお話してきたのでここでは省略させていただきますが、清王朝と西洋化のために人生を捧げた敵ながら立派な政治家であると思います。しかし清国の西洋化を推し進めた彼自身は、一度も洋服に袖を通した事は無く、上の写真の様にかたくなに中国伝統の服装を貫き通しました。古い時代と新しい時代の過渡期にあって、こうした保守的な所が彼の限界であったのでしょうか?

彼は中国で最も経済的に豊かな南部一帯を治める総督として、そこから上がる莫大な収入を財源に、清朝で最大の北洋陸海軍閥を作り上げ、その総帥として日本との戦いを取り仕切った事実上の責任者であり、今次戦争は日清戦争といいながら、わが国が実際に戦ったのは清国というより、ほとんど彼とその私兵集団である北洋軍でした。

しかし、その北洋軍も、兵力こそ30万に達する大軍でしたが、それは先に述べた様に李鴻章に金で雇われた「傭兵」に近いもので、国家国民のために命を懸けて戦う国軍とはとても呼べないものでした。そのため彼らは日本軍との戦闘で状況が不利になるとすぐに退却してしまい、一度も勝つ事が出来ずに敗退を繰り返していました。

こうした清軍の軍隊としての根本的かつ構造的な欠陥により、清国は陸上海上両面で日本軍に敗れ続け、その批判は当然李鴻章大臣に集まります。そして威海衛の戦いで東洋最大最強を誇った北洋艦隊が全滅すると、清朝11代皇帝光緒帝(こうしょてい)は激怒し、ついに李鴻章を北洋大臣から解任してしまいます。

実は光緒帝は、威海衛の戦いより2ヶ月前の旅順陥落直後から、すでに李鴻章以外の別の廷臣を選んで日本との講和交渉に当たる様指示していました。しかし、来日した彼らは伊藤首相ら日本政府から相手にされず、ほとんど門前払いされてしまいます。その理由はネームバリューと全権委任の問題です。つまり日本政府としては、清国の事実上の「首相」にして、その政治、外交、軍事の権限と圧倒的な知名度のある李鴻章と交渉したいのであり、彼でなければ他の無名の清の役人では信用出来なかったのです。

帰国した彼らから報告を受けた光緒帝と側近たちは進退窮まってしまい、結局一旦解任した李鴻章を天津から呼び戻し、御前会議を開いて今後の方針を議論する事になりました。議題はもちろん日本との戦争についてです。主戦派は北京から遷都してでも徹底抗戦すべきと主張し、和平派は今のうちに講和して態勢を立て直すべきと訴え、議論は紛糾しますが、会議の流れを決めたのは李鴻章でした。

「陛下。この期に及んでは領土の割譲も致し方ございませぬ。何とぞ臣にその大役をお申し付け下さいます事をご進言申し上げます。」

皇帝もそれには賛成でした。なんといっても今の清軍では戦っても勝てる見込みが無いのです。しかし、光緒帝は一旦李鴻章を北洋大臣から解任しており、これを取り下げて李鴻章を復職させては皇帝のメンツが立ちません。そこで皇帝の意を察した李鴻章は自分を新たに「欽差大臣」(きんさだいじん これは清王朝の一種の特命大臣で、ただ一つの特定の事案に限って全権を持つ官職です。)にするよう上奏し、こうして彼は皇帝から全権を委任され、100名以上の大使節団を率いて1895年(明治28年)3月20日、山口県下関に入港、日本側全権の伊藤博文首相らと旅館「春帆楼」(しゅんぱんろう)で講和交渉が開始されました。


200711292016344613348.jpg

imageCall.jpg

4IxUdP.jpg

上が日清講和交渉の舞台となった旅館「春帆楼」です。この旅館は伊藤博文が命名して開業されたもので、日本で最初のふぐ料理第一号店でもあるそうです。旅館内には日清講和条約の際に使われた部屋とテーブル、椅子や調度品などが大切に保存展示され、現在も見学出来ます。

さて、ここから伊藤博文と李鴻章の高度な政治的駆け引きが始まります。それはまさに武器を用いない「テーブルの上の戦争」でした。李鴻章大臣はまず、講和交渉の前に「休戦条約」を結ぶ事を日本側に提起します。彼はこう切り出しました。

「これ以上の戦闘は両国の人民に無益な犠牲を強いるだけです。われわれがここで講和の儀を決するまで、一時休戦する事に致しませんか?」

これはもちろん彼の本心から発せられたものですが、その裏にはこれ以上の日本軍の進撃を阻止する事と、休戦の間に欧米列強諸国に手を回して日本に揺さぶりをかけるための時間稼ぎをするという狙いがありました。

しかし、わが伊藤首相もしたたかさでは決して引けを取りません。彼は李大臣の狙いを見抜いていました。そこで彼は李大臣にこう告げます。

「貴方のおっしゃる事はごもっともです。しかし、もしわが軍が休戦しても、貴国の軍がそれを破らないという保証はどこにありますか? もしどうしても休戦したいとおっしゃられるならば、貴国の軍がわが軍に対して戦端を開かない事の証として、天津を占領させて頂くが、いかがか?」

これには李鴻章も驚きました。なぜなら天津は清国最大の港湾都市であり、そして何より彼の本拠地であったからです。その様な事を認められようはずがありません。すぐに彼は、これが日本側の事実上の「休戦拒否」であると察し、これを取り下げざるを得ませんでした。

しかし、ここで思わぬハプニングが起こります。交渉開始から4日後の3月24日、なんと李鴻章大臣が、講和に反対する日本の若い警官に拳銃で狙撃され、危うく暗殺されそうになったのです。弾丸は彼の左目下に命中しましたが、驚くべき事に彼は一命をとりとめ、講和交渉は一時中断を余儀なくされます。(頭なら当然即死だったでしょう。それにしても、顔面に銃弾を受けて良く死なないものだと思われるでしょうが、実際顔に銃弾を受けても意外に死ななかった例は、戦場で戦う兵士にも歴史上多く見られる様です。その代わり顔面に大きな傷として残りますけどね。ちなみに亡くなる直前の李鴻章の写真にも、左目の下にこの時の傷が残っているのが見受けられます。)

ところで、これに焦ったのが明治天皇と伊藤博文ら日本政府です。この暗殺未遂事件が完全に日本側に非がある事は子供にも分かる事です。もしこれが大々的に報じられれば、以前お話した「旅順虐殺事件」の時の様に、欧米列強諸国の日本への批判が再び再燃してしまうでしょう。特に明治天皇は李鴻章の負傷を大変お気遣いあそばされ、当時の日本で最高の外科医であった佐藤進(さとう すすむ)陸軍軍医総監を李大臣の治療に差し向けられ、その甲斐あって李鴻章大臣は2週間後には再び講和交渉の場に復帰する事が出来ました。

この事件は当時の日本国民の間でも「とても申し訳ない。」として、全国から李大臣に当ててお見舞いの品や手紙が数多く寄せられますが、これが思わぬ形で李鴻章に有利に働きます。なぜなら、こうした国内世論と諸外国との対外関係に配慮し、伊藤首相は先に李鴻章が提案した「休戦条約」を認めざるを得なくなってしまったからです。休戦は3週間の期限付きで結ばれ、ここに日清両軍の戦闘状態は事実上終結しますが、伊藤首相はそれまで自分のペースで進んでいた交渉が、全く思いがけない形で譲歩するはめになってしまい、さぞ慌てた事でしょうね。(笑)

さて、日本と清国のテーブルの上の戦争は続きます。4月10日から再び開始された講和交渉において、伊藤首相は李鴻章に厳しい講和条件を突きつけました。特に賠償金の額が莫大で、なんと日本側は軍事賠償金として庫平銀3億両(これは両「りょう」または「テール」と読みます。)を要求したのです。

これには李鴻章も「あまりにも多すぎる。」として、伊藤首相に賠償金の減額と、領土割譲の縮小を求める修正案を提示、それに対して伊藤首相は賠償金を3億両から2億両に減額する事と、領土割譲の縮小には応じたものの、基本的な内容は一歩も譲りませんでした。


268dbd428cef365c413e886cf473e3d2_convert_20160130195210.jpg

上が日清講和交渉の様子です。伊藤首相と陸奥宗光外相が李鴻章ら清国代表と話し合う姿を描いたものです。

peco_peco_berry-img600x450-1446189227jcgnsv22013.jpg

そして上が賠償金として要求された庫平銀(こへいぎん)です。これは「庫平」と呼ばれる天秤で重さを量った事から名付けられた清朝時代の銀貨です。ちなみに先に述べた両(テール)とは、私たちが一般に使う「円」や「ドル」の様な通貨の単位ではなく、尺貫法による重さの単位であり、この時代の1テールはおよそ37グラムほどであった様です。

李鴻章は北京の清朝政府と電信で連絡を取りながら、イギリス、ロシア、フランスなどの列国に調停を依頼して交渉の引き延ばしを図ろうとします。しかし、そうはさせるものかと伊藤首相は交渉を一気に決着させるべく、最後の切り札を切りました。

「本件については1週間以内に回答されよ。 もし、交渉決裂の際はわが軍は休戦を破棄して再び戦闘を開始し、北京に進攻する。」

そしてそれが単なる言葉だけのものではない事を清国側に見せつけるために、冒頭でお話した第4師団と近衛師団などの増援軍を乗せた輸送船団に下関海峡を通過させたのです。これはもはや完全な「脅し」でした。しかし、彼にはそこまでしなくてはならない差し迫った事情がありました。なぜなら日清開戦からすでに8ヶ月余りが経過し、膨らむ臨時軍事費が当時の日本の国家財政を圧迫していたからです。

そう、清国が苦しいのと同様に日本もこれ以上戦争を続けるのは辛いのです。そのため、伊藤首相はなんとしても戦争に投じた莫大な国費を回収するのは当然として、それを上回る大きな利益を出さなくてはなりませんでした。そうでなければ戦争をした意味が無いのです。

一方、大陸へ渡る援軍を乗せた日本の輸送船団を海峡で目撃した李鴻章ら清国代表団は、北京の清朝政府に電信で危機を報告します。それを受け、かつてイギリスとのアヘン戦争での惨敗の記憶から震え上がった清朝政府は、ここに至ってついに講和条件を受け入れ、交渉を直ちに締結するよう指示、そして1895年(明治28年)4月17日、両国の間で合意が成立し、ようやく日清講和条約が締結される事になりました。この時締結された条約の主な内容は以下の様なものです。

1 清国は朝鮮国の独立を承認する事。

2 清国は日本に対して遼東半島、台湾、澎湖諸島を割譲する事。

3 軍事賠償金として庫平銀2億両(当時の日本円でおよそ3億1100万円)を支払う事。

4 清国が欧米各国と結んでいる条約を日本とも締結し、日本に対して欧米各国と同様の通商特権を与える事。

5 条約批准後3ヶ月以内に日本軍は占領地から撤退するが、清国が誠実に条約を履行するまで威海衛を占領する事。

などです。

こうして日清戦争は終結したのです。それは当時世界中が誰も予想もしなかった日本の圧勝でした。 しかし、この日本の勝利を快く思わない巨大な存在がその後の日本に大きく立ちふさがり、事態は日本の予想外の方向に向かって動いていく事になります。

次回に続きます。
スポンサーサイト

日清戦争12 ・ 威海衛の戦いと北洋艦隊の壊滅

みなさんこんにちは。

遅ればせながら、平成28年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。

1894年(明治27年)11月末、日本軍は遼東半島の最重要拠点である旅順の攻略に成功。遼東半島を完全に支配下に置きました。日清戦争開戦以来、これまでの戦闘は朝鮮半島地域において行われていましたが、この遼東半島は完全な清国領であり、日本軍はついにその清の領土の一部に攻め入り、これをもぎ取る事に成功したのです。

これまでにお話した様に、この遼東半島は日本軍がさらに清領奥深く侵攻するために欠かす事の出来ない足がかりであり、旅順、大連などの港は、そのために必要な武器、弾薬、食糧その他を日本本土から大陸へ輸送する船団を入港させる大事な兵站の基地でもあるのです。

これを受けて、日本政府と大本営は次なる作戦、つまりそのまま清の首都北京の近くまで進撃し、これを迎え撃つべく必ず出て来るであろう清主力軍との一大決戦の準備を始めようとしますが、なかなか思うようにいかないのがこの世の常というものです。というのは、遼東半島と旅順などを占領した時点で季節はもはや12月、大陸の冬の寒さ(大陸の真冬の猛烈な寒さは日本の比ではありません。)が大本営首脳にそれ以上の進撃を思いとどまらせたのです。そこで大本営は、清軍との決戦を翌年の春以降に先送りし、それまで現地軍にはそのまま占領地域を確保しつつ冬を越し、現状待機する事を命じざるを得ませんでした。

もともと開戦当初、大本営は短期決戦を想定していました。しかし、日本海軍が黄海海戦によって清国北洋艦隊を撃破し、制海権を確保出来たのが9月中旬、日本陸軍が清国と朝鮮国の国境を流れる鴨緑江を越え、同時に遼東半島攻略作戦を開始したのが10月末であり、すでに大陸では早くも初冬の寒気が漂っていました。

この時、日本軍は大きく2つの集団に分かれ、清国本土に向けて進撃中でした。一つは朝鮮半島から清軍を撃破しつつ攻め上ってきた山縣有朋大将率いる第1軍(第3、第5師団その他)そしてもう一つは遼東半島中部から上陸し、旅順、大連などの重要軍港を押さえた大山巌大将麾下の第2軍(第1、第2、第6の3個師団)です。(当時、日本の陸軍常備師団は7個師団しかありませんでした。それは第1から第6までの6個師団と、天皇直属の精鋭部隊である近衛師団です。そのため、日本本国に残っていた常備軍のうち、使えるのは取って置きの予備戦力である近衛師団の他は、第4師団のみでした。)

そのうち、第2軍を率いる大山大将は、大本営の指示に従い冬営の準備を始めていましたが、もう一方の第1軍を率いる山縣大将は、来春の清軍との決戦を有利に運ぶため、本格的な冬に入る前にいくつかの戦略拠点を攻略占領する積極攻勢を大本営に打診しました。しかし、大本営は山縣将軍のプランをすべて却下してしまいます。なぜなら大本営としては、来るべき清軍との決戦に備えてその主力となる第1軍に戦力を温存してもらいたかったからです。


a0287992_1615695.jpg

上が第1軍司令官の山縣有朋大将です。(1838~1922)彼の経歴に付いては以前にもお話したので、今回は省かせていただきますが、今次戦争において彼は思わぬ失策を犯す事になってしまいます。

やむなく、山縣将軍は一度はプランを取り下げますが、彼はどうしても諦めきれず、その後も続けて大本営に積極攻勢を打診し続けます。

「このまま何もせず現地で冬を越せだと? こちらの苦労も知らずに簡単に言いおって。それでは敵に反撃の猶予を与えてしまうではないか。実戦を知らんにもほどがあるわ。」

というわけです。彼がそこまで固執したのは、当時清軍がこの方面に続々と援軍を送り、その兵力が第1軍を上回る5万にまで膨れ上がっていたからです。それに、彼には南の第2軍を率いる大山将軍との競争心もありました。2個師団しかない第1軍(およそ4万)よりも、3個師団で兵力が多い薩摩出身の大山将軍率いる第2軍(およそ5万8千)は、前回お話した旅順での不祥事を除き、当初の予定通り順調に遼東半島を制圧していました。このままでは大山に「いいとこ取り」をされてしまうのではないかという焦りが、長州出身の山縣の心の中に沸き起こったのも不思議ではないでしょう。

大本営としても、再三の山縣将軍の打診を無視出来なくなっていました。何と言っても彼は陸軍のトップであり、また政府においても、伊藤博文首相以下多くが彼と同じ長州閥であったからです。そこで大本営は山縣の作戦を事実上黙認してしまうのです。

一方の山縣将軍は、第2軍が11月下旬に遼東半島の旅順を占領したとの知らせを受けると、大本営の了解も得ないうちにほとんど独断で麾下の第1軍を前進させます。目指すは清軍の拠点「海城」(かいじょう)です。


93FA90B490ED918891S94CA8Co98H907D.jpg

上が日本軍の進撃経路図です。

しかし、この作戦は明らかに不必要なものでした。日本軍は海城の攻略に成功したものの、すぐに大陸の猛烈な寒波が到来、ろくに防寒装備をしていなかった日本軍は1千名以上の凍傷者を出し、さらに第2軍と違って補給の面で大きなハンディキャップのある第1軍は、占領した海城とその周辺の維持のために身動きが取れなくなってしまったのです。これは完全な山縣の作戦ミスでした。非難は当然強引に事を進めた山縣将軍に集まります。

「前線の司令官が大本営の命に背き、独断で陛下の軍を進めた。これは暴走である。」

大本営は12月に山縣大将の更迭を決定。彼は第1軍司令官を解任されてしまいます。(後任には、平壌の戦いの覇者である第5師団長の野津中将が引き継ぎますが、彼も結局山縣と同じ様に積極攻勢を行い、合計1万2千もの凍傷者を出てしまい、戦闘力を大きく低下させてしまう愚を犯してしまいます。)

20130206_91954.jpg

上が「凍傷」にかかった人の指です。この凍傷というのは、皮膚が極度の低温に長時間さらされる事によって生ずる傷害で、心臓から最も遠い手足から生じ、軽度の場合は赤く腫れ上がる程度ですが、何もせずにいると上の写真の様に徐々に黒ずみ、さらに重症になると皮膚の細胞が腐って指や手足を切断するほどになってしまう怖いものです。(これでは兵は銃を撃てませんし、補給を担う荷物運びの軍夫たちも、物を背負って歩く事すら出来ませんね。)

それにしても、なぜ山縣はこの様なミスを犯してしまったのでしょうか? 本来彼は冷静沈着で、綿密な計画の下に事を進めていく官僚タイプの人物です。どうやらこれは彼の体調不良が大きく影響している様です。実はこの時、彼は気管支炎と胃腸炎に悩まされ、本来なら安静にしていなければならない病身にも拘らず作戦指導を行っていたのです。また彼が南国育ちの長州出身である事も災いとなりました。何度も述べた様に、大陸の猛烈な寒さは日本の比ではありません。その厳しい冬の現実を良く知らなかった上に体調の悪い山縣将軍は判断力が鈍り、普段の冷静で的確な状況分析が出来なかった様です。

ともあれ山縣大将は失意の内に帰国しますが、そんな彼を日本では二人の人物が大いに心配していました。一人は明治天皇。そしてもう一人は伊藤博文首相です。前者の明治天皇は、維新以来元老として支え続けてくれた山縣の体調をご本心からお気遣いあそばされ、勅使を遣わしてねぎらいの勅語をお与えになりますが、もう一人の伊藤首相は別の心配をしていました。

それは、このまま彼の病状が悪化して陸軍を辞める事になれば、陸軍が薩摩閥の大山らに乗っ取られてしまうのではないかという懸念です。そこで彼は山縣に「陸軍大臣」のポストを用意し、これまで通り陸軍のトップとして彼にいてもらう事を望んだのです。(もちろん彼も同郷の盟友である山縣を高く評価し、彼の病状を案じていましたが、それと並行して政治家としてのこうした「政略」も必要だったのです。それにしても、解任更迭された軍人が大臣になるなど本来ならあり得ませんね。驚)


itohirofumi.jpg

Series_C_1K_Yen_Bank_of_Japan_note_-_front.jpg

上は言わずと知れた大日本帝国初代首相 伊藤博文公(1841~1909)です。(彼のこの肖像を見て、昭和世代の方なら旧千円札を思い出す方も多いのではないでしょうか。これは自分の勝手な主観ですが、自分は今の千円札よりも、かつての伊藤博文の千円札の方がデザインや色合いが良かったと思います。懐かしいですね。笑)

一方その伊藤首相は、すでに戦争終結後の事を考えていました。なぜなら9月の末に、イギリスから外交ルートを通じ、朝鮮国の独立と、清国が日本に賠償金を支払う事を条件とする日本に有利な形での講和の仲裁をする旨の申し入れがあり、さらに2ヵ月後の11月に、今度はアメリカからも同様の申し出があったからです。(この時、英米両国がこの様な動きに出たのは、もちろん日本に対する親愛の情などからではありません。両国はすでに清国に大きな権益を持っていました。このまま戦争が長引けば、それらに損害が及ぶ事を恐れたのです。)

しかし、外交も戦争も当然の事ながら「相手」のある事です。この場合の相手である清国政府からは、今だ講和の申し入れは来ていませんでした。そのため日本政府は英米両国に対し、清国の方からその申し入れがあるまで(つまり、言葉を代えて言えば「向こうが耐えかねて音を上げてくるまで」という方が正しいかも知れません。)あくまでも戦争を続行すると返答します。

そのための手段として、伊藤首相は大胆な事を目論んでいました。それは今だ威海衛に籠って抵抗を続ける清国北洋艦隊を壊滅させるため、その威海衛を攻略し、これにより清国の海軍力が粉砕された事をもって、さらに南の台湾にも軍を差し向け、これを占領してしまおうというものです。彼がこんな考えを持つに至ったのは、これまでの戦局の展開だけではいくら英米の仲裁があったとしても、清国との講和において日本が欲しいもの(今後清国は朝鮮に一切手は出さない。そして日本に多額の賠償金を支払わせ、新たな領土か権益を獲得する。など)を引き出す事は難しいと考えたからです。(つまり、講和の交渉で日本側が強気に出るには、もっと清国に対して圧倒的な勝利を得る必要があるという事です。)

そこで伊藤首相は、大本営に対して「威海衛と台湾攻略」の意見書を提出します。一方軍においても、彼と同じ事を考えていた人物がいました。それは遼東半島攻略に当たった第2軍司令官大山巌大将です。大山将軍は黄海海戦で北洋艦隊に勝利した連合艦隊司令長官伊東祐亨(いとう すけゆき)中将と協議し、大本営に威海衛攻略とその必要性を提起します。そして政府と軍のトップの一致に、大本営は12月中旬、ついに威海衛攻略作戦を決意する事になるのです。

oyama.jpg

上が第2軍司令官大山巌大将です。(1842~1916)

こうして1895年(明治28年)1月20日、日本軍は威海衛攻略作戦を開始しました。兵力は大山大将率いる第2、第6の2個師団およそ4万余りで、これを輸送船団に分乗させ、連合艦隊の護衛のもとに威海衛に上陸作戦を開始します。


o10b63ee524997977323edb52a318e696.jpg

99-0320.jpg

02be54c1hu6.jpg

上の画像1枚目と2枚目が当時の威海衛の姿です。多くの清国艦船が停泊していますね。ここは先に述べた様に、清国北洋艦隊の本拠地であり、黄海海戦で敗れた丁汝昌(てい じょしょう)提督率いる残存艦隊14隻が、強力な要塞に守られつつ立て篭もっていました。そして3枚目は現在の姿です。現在この街は「山東省威海市」と呼ばれ、人口250万を擁する中国では中級(日本なら、人口100万を超える都市は政令指定都市に指定される大都市ですが、人口がわが国の10倍以上の中国ではこの程度の人口の都市で中級なのです。)都市です。現在も中国海軍の重要な基地であり、また高層ビルが立ち並ぶ近代都市となっています。

nissinsennsoukannkeizu.jpg

そして上が威海衛の位置と、日本軍の攻略進路です。

この威海衛の街は旅順同様に、莫大な費用と10年以上の歳月をかけて、海岸沿いに大小合わせて160門以上の大砲が設置された巨大な要塞都市に変貌しており、さらに清軍は、鎖と丸太を編んだ防柵を湾の端から端まで繋ぎ(上の図参照)日本艦隊の侵入を塞いでいました。丁汝昌提督率いる北洋艦隊の残存艦艇は、この湾の奥にじっとひそんでいたのです。

しかし、この威海衛には大きな弱点がありました。それは旅順と違って防御の重点が海岸沿いのみに集中しており、背面の陸側はほとんど無防備であったからです。そこで日本軍は清軍の裏をかき、陸上から攻撃して威海衛の要塞を占領し、防柵によって湾内に閉じ込められている北洋艦隊を挟み撃ちにする作戦を立てます。

1月20日、2個師団からなる日本軍はそれぞれ二手に分かれて上陸、進撃を開始します。海側から艦隊で攻め寄せてくるだろうと思い込んでいた清軍は完全に虚を衝かれ、清兵に動揺が広がりますが、元は陸軍出身であった歴戦の清軍司令官 丁汝昌提督はあくまで冷静でした。そして彼は思わぬ反撃で日本軍を迎え撃ちます。彼は自らが率いる北洋艦隊の強力な主砲にものを言わせ、湾内から陸上の日本軍を砲撃したのです。

大砲というものは陸軍の持つ野砲や山砲よりも、軍艦の主砲の方がはるかに有効射程距離が長く、正確な射撃が出来ます。そのうえ大口径の巨大な砲弾で、その破壊力はすさまじいものです。この清艦隊の艦砲射撃に、日本軍は200名以上の死傷者を出し、戦闘はたった一日で勝敗が決した旅順と違って2週間近く続きましたが、日本軍はじりじりと一つづつ清軍の陸上砲台を攻め取り、ついに2月2日、湾内に浮かぶ劉公島の砲台を除く全ての要塞の奪取に成功しました。

しかし、それでも丁汝昌提督は降伏しませんでした。彼は手持ちの砲弾が尽きるまで果敢に陸上の日本軍に砲撃を浴びせ続け、日本軍を大いに悩ませます。これに対し、陸軍では対応出来ないと考えた大山大将は「艦隊には艦隊で」という事で、連合艦隊の伊東長官に援護を要請。伊東長官はこれを受け、翌日海上から砲撃を開始します。防柵によって湾内を出られない清艦隊は狭い湾内で身動きが取れず、雨あられと降り注ぐ日本艦隊の砲弾の水柱に、一隻また一隻と直撃弾を浴び、次々に沈められていきます。

a0287992_0194213.jpg

上が連合艦隊司令長官 伊東祐亨中将です。(1843~1914)

伊東長官はさらに決定的な打撃を与えるため、魚雷攻撃を仕掛ける水雷艇部隊を湾内に突入させます。わが水雷艇部隊は長く威海衛湾を塞いできた防柵を打ち破り、湾内で得意の雷撃を清艦隊に仕掛けて縦横無尽に暴れ周り、丁汝昌提督の旗艦「定遠」を撃沈、その他の艦艇もほとんど撃沈され、東洋最大を誇った北洋艦隊は壊滅しました。

艦隊の壊滅は、今だ抗戦を続けていた清軍をいっきに総崩れにさせてしまいます。これを見た丁汝昌提督は、もはやこれまでと上官である北洋大臣 李鴻章に次の様に打電しました。

「お預かりした艦艇の全てを失い、多くの兵を死なせ、それでも戦い続ける事を命じましたが、配下の者たちは狼狽して戦意を完全に喪失してしまい、もう自分にはどうする事も出来ません。」


F201106011023447826300139.jpg

上が北洋艦隊司令長官 丁汝昌提督です。(1836~1895)

日本軍は敵将丁汝昌提督に対し、無駄な抵抗をやめて速やかに降伏する様勧告します。この時、日本軍は彼が艦隊司令である事から、陸軍の大山大将ではなく、同じ艦隊司令として黄海海戦で彼を敗った伊東長官を通じて降伏勧告を発します。同じ海の男としてそれを察した丁汝昌提督は、配下の将兵の助命を条件についに降伏に応じ、2月12日、威海衛の戦いはここに終わりを告げました。

しかし、ここで日本軍が思いもよらないハプニングが起きてしまいます。なんと敵の総司令官 丁汝昌提督が敗北の全責任を負って服毒自殺してしまったのです。彼だけではありません。彼ともに最後まで付き従って戦った旗艦定遠の艦長と、陸上部隊の指揮官までも後を追って自殺してしまいます。これには、日本軍も驚きを隠せませんでした。なぜなら、これまでの戦闘で、清の軍人たちは常に逃げてばかりで、日本軍はすっかり清軍を嘲る様になっていたのです。しかし、彼らの最後はまさに「武士道の鑑」であり、これを知った伊東長官は、

「敵ながら最後まで戦い抜き、見事な本懐を遂げられた。」

として彼らの遺体を丁重に扱うよう命じ、湾内に残る使える船は全て鹵獲したものの、その中の一隻の貨物船を鹵獲から解き、降伏した清兵らとともに清本国に送り返したそうです。


hryjrk.jpg

上は降伏に伴い武装解除され、捕虜として連行される清軍将兵たちです。周囲を日本軍が警備していますが、両者の間には戦いが終わって緊張が解けた解放感が感じられます。彼ら清兵たちおよそ1千名は、伊東長官の図らいで全員解放されました。(まさに武士の情けですね。この戦いによる両者の損害は、日本軍の死傷者およそ260名に対し、清軍は多くの将兵が軍艦内にいたために日本艦隊の砲撃で艦とともに沈み、なんと4千名に達したそうです。)

一方、威海衛の戦いの敗北と北洋艦隊壊滅の知らせは、清の都北京にも早々に届いていました。これを知った皇帝光緒帝は激怒し、丁汝昌提督の財産没収と葬儀の禁止を言い渡し、彼の上官である李鴻章を北洋大臣の職から解任してしまいます。光緒帝には、そんな事をするくらいしか怒りのやり場がなかったのです。そして、普段は温厚な皇帝のそんな姿を見た清朝宮廷の人々の間には、悲壮感と清王朝の将来への深い絶望感が広がる事になって行きます。

次回に続きます
フリーエリア
フリーエリア
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 ランキングに参加しております。よろしければ「ポチッ」として頂ければ嬉しいです。
プロフィール

コンテバロン

Author:コンテバロン
歴史大好きな男のささやかなブログですが、ご興味のある方が読んで頂けたら嬉しいです。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
QRコード
QR