日清戦争6 ・ 戦争か和平か? 迷う清国

みなさんこんにちは。

前回は、日清戦争開戦に至るまでのわが日本側の事情と思惑についてお話しましたが、では、相手側の清国の事情はどうなっていたのでしょうか? 今回はそのあたりを、当時の清王朝の人々の思惑などを絡めてお話したいと思います。

わが大日本帝国が、1894年6月に朝鮮国で起きた「東学党の乱」鎮圧を口実に、朝鮮半島におよそ8千から成る陸軍の大部隊の派兵を決定した同年7月の同じ時期、対する清国でも前回お話した日本側と同様に、開戦派と和平派が政府内で対立していました。

ここで言う「開戦派」とは、時の大清帝国皇帝である光緒帝(こうしょてい)と、その側近である李鴻藻(り こうそう)並びに翁同龢(おう どうわ)の2人の重臣から成る皇帝グループです。それに対して「和平派」とは、これまでのお話で何度か登場してきた李鴻章(り こうしょう)と、彼を重用する「恐怖の女帝」西太后(せいたいごう)のグループです。


320px-《载湉读书像》

上が大清帝国第11代皇帝 光緒帝です。(1871~1908)彼は先に述べた西太后の甥に当たり、その西太后によってわずか3歳で皇帝に擁立された典型的な「傀儡」でしたが、成長するに連れて伯母の西太后の支配から独立したがる様になり、18歳で自ら親政(君主が直接国政を担う事。)を開始します。しかし、甥を自由にコントロール出来なくなった西太后と次第に対立する様になり、後に早すぎる不可解な謎の死を遂げる事になります。(上の絵は書類に署名しようとしている皇帝を描いたものですが、やさしそうな眼差しが印象的ですね。もしそんな高貴な身分に生まれなければ、学問と読書を愛する好青年として、静かな人生を送れた事でしょう。)

彼ら「開戦派」は、1840年のアヘン戦争によってイギリスに敗れて以来、外国勢力に好き放題にされて久しい帝国の現状を憂い、諸外国に大清帝国の真の力を見せ付ける事で、列強に侮られない様にする事が何より重要だと考えていました。

こうした「開戦派」に対し、今は戦争などに余計なお金と力を使わず、ひたすら国の近代化と国力の回復に努める事で、帝国を立て直すべきだと考えていたのが「和平派」であり、その中心人物が李鴻章です。

tumblr_nmonaxvBdP1u74vozo3_500.jpg

上が和平派の筆頭である李鴻章です。(1823~1901)彼の経歴に付いては以前にもお話したので、ここでは省かせていただきますが、清王朝の臣下では最大の、そして最も富裕な実力者でした。

img_597c6fa8d9518d4335254f1079d1256f789714.jpg

そして上が、かの有名な「恐怖の女帝」こと西太后です。(1835~1908)彼女は元は清王朝に仕える中堅官僚の娘でしたが、その父親が1853年に太平天国の乱に巻き込まれて亡くなると、生活のために皇帝の後宮(「こうきゅう」 つまりハーレムですね。)に入ったという女性でした。そこで9代皇帝である咸豊帝(かんぽうてい 1831~1861)の目に止まってその側室となり、やがて後継者となる男子(後の10代皇帝同治帝「どうちてい」)を産んだ事から彼女の運命が大きく変わります。といっても、咸豊帝にはれっきとした正式な皇后がおり、その皇后が皇帝の居城である「紫禁城」の東側の宮殿に住んでいた事から「東太后」(とうたいごう)と呼ばれ、側室である彼女がその西側の宮殿に住んでいた事が「西太后」の名の由来です。(写真の彼女の指先に注目して下さい。何やら「付け爪」をしていますね。何かこんなおしゃれなんでしょうか? 自分にはまるで「魔女」の様にしか見えませんが。 笑)

この女性については長らく中国歴代王朝最大の悪女として語り継がれ、特に1984年製作の映画「西太后」では、非常に残虐なシーンや「中国7億の民を揺るがした恐怖の女帝」というナレーションも相まって、強欲で嫉妬深い徹底的な悪者に描かれているのですが、それらはほとんど完全な「フィクション」です。(実際、彼女は正式な皇后である東太后の事を実の姉の様に慕い、咸豊帝が手を付けたほかの側室の女性たちとの関係も極めて良かったそうです。)しかし、彼女が権力欲の非常に強い女性であった事は事実であり、宮廷における自らの権力掌握のために数々の謀略を巡らした事が、そうした悪女のイメージを後の人々に強く印象付けてしまった様です。

しかし、さすがに権謀術数渦巻く宮廷での権力闘争を勝ち抜いてきた人物であるだけに、有能な人材を見極める目は優れていた様です。彼女は女性的な直感で早くから李鴻章を重用し、彼が帝国の重職に就けるよう何かと便宜を図りました。李鴻章がとんとん拍子に昇進を重ねて行ったのは、彼自身の努力と功績の他に、彼を気に入った西太后の見えない後押しがあったからです。また、彼女が李鴻章ら和平派に与したのは、国家と人民のためというよりも、彼女自身の60歳の還暦の祝祭を盛大に執り行い、それを無事に終えたいという極めて「利己的な理由」からであったそうです。

この両派のうち、先に述べた開戦派(言葉を代えて言えば「皇帝派」というべきでしょうか。)の李鴻藻と、翁同和の2人は、後に述べた和平派(これも言葉を代えれば「西太后派」というべきでしょう。)の筆頭である李鴻章とは大変仲の悪い「政敵」でした。彼らは李鴻章の様に豊富な財力と、固有の強力な武力はありませんでしたが、歴代3代の皇帝たちに仕えてこれまで清王朝を支えてきた何にも代えがたい「実績」と、その長い間に各界に幾重にも張り巡らした人脈のコネクションがありました。それゆえ若い光緒帝の彼らへの信頼は絶大で、実際の清王朝最大の実力者である李鴻章でさえも容易に排除出来ない相手でした。

「成り上がりの李鴻章め、お主ごときに清帝国の実権を握らせて成るものか。清王朝はこれまで通り我らがお守りし、帝国を運営していくのだ。」

という訳です。実際、彼ら側近は長く清朝中央政府に君臨してきたエリート大物政治家でした。そのため、地方である中国南部から実績を積み上げてのし上がって来た李鴻章を意識的に見下していたのです。この様な状況の中で、清朝政府では皇帝の臨席の元に、日本と戦争するべきか、それとも和平かを決める御前会議が連日開かれ、激しい議論が繰り広げられますが、両派が混在する中で意見は対立し、結論はなかなか出せずにいました。

開戦派は事あるごとに李鴻章の邪魔立てをして彼の足を引っ張ります。そのため、当時事実上清帝国の外交と軍事を司っていた李鴻章は、今回の日本の挑戦に対して一気に大軍を派遣して決着を着ける事も、あるいは何もせずに欧米列強に手を廻し、国際政治の圧力で日本に兵を引かせるという高度な外交作戦を取る事も出来ず、結局彼は自身の配下の北洋軍から、先遣部隊としておよそ2千、さらに主力部隊として6千の兵力を小出しに朝鮮に差し向け、とりあえず様子を見るという中途半端な手段を取らざるを得なくなってしまいます。

では、なぜ李鴻章はそんな手段を取らざるを得なかったのでしょうか? それは彼が先に述べた様に、この時点において日本との戦争は避けたかったからです。振り返れば彼が生きた時代はまさに清王朝の動乱期でした。度重なる戦乱で国内は荒れ果て、疲弊し、かつての繁栄と強大さは見る影も無く、すっかりこの国はただ国土が広大で、人口が多いだけの遅れた貧しい未開国に転落していました。(それは今も変わっていない様ですが・・・。笑)

彼は若い頃からそんな祖国の現状を目の当たりにし、戦いに身を投じて生きて来たのです。そのため彼は、極力外国との戦争は避け、国の近代化と国力の回復に務めて再び清帝国を強大国に甦らせる事を望む様になります。しかし、それを実現するには最低でも数十年単位の時間がかかります。なぜなら当時の中国の民衆はその大半が無知蒙昧であり、特に彼は国の未来を担う次の世代、つまり子供や若者の教育が最優先課題であると考えていたのです。

もちろん彼自身も軍人として、いざ国家の危機ともなれば自らの築いた北洋軍の全力を投じて戦い抜く決意には微塵の戸惑いもありません。しかし、それは彼の本心とは相反する最後の手段であり、そうでなければ無用な外国との戦争に多額の費用を使いたくないのが彼の考えでした。といって、もし、このまま何もしないでいれば日本の思うままに朝鮮を奪い取られ、彼はその失敗を先の政敵である皇帝の側近たちに糾弾されて失脚してしまう恐れもありました。(皇帝の側近たちは手ぐすねを引いて常にそれを待ち構え、その機会をうかがっています。)この時の李鴻章の迷いは想像を越える複雑なものであったのです。


CO1Ba__W020091201383937432257.jpg

p2533.png

6_1G9303524_1.jpg

121345892_211n.jpg

上の一連の画像は当時の清王朝の軍隊の兵士たちです。といっても、度重なる戦乱と財政悪化により、当時の清王朝に正式な「国軍」を作る余裕は無く、そのやり方は以前お話した様に、帝国内の有力者たちに私費で軍隊を作らせ、それらを清王朝政府が認可するという間接的システムでした。上の画像の兵士たちも、実際は李鴻章の作り上げた「北洋軍」の兵士たちで、彼の北洋軍は当時の清国における最大最強の武力集団でした。(この時代の画像は資料が少なく、探すのに苦労しました。笑 彼らの服装に注目して下さい。いかにも中国らしいデザインですね。)

一方、清国が朝鮮に兵を差し向けたという情報は、当然日本側も素早くそれを掴んでいました。日本側が待ちに待った「開戦理由」の到来です。日本側にしてみれば、とにかく清国が軍をこちらに向けてくれれば良いのです。後は陸海軍のどちらでも、戦闘を開始して、

「そちらが先に撃ってきたから反撃した。」

などと、後からいかようにも理由をつけて開戦するのは容易な事です。こうして日本陸海軍は完全に戦闘準備態勢に入り、事態は本心は戦いたくない清国側の

「とりあえず一部隊を差し向けて、日本側の出方と今後の様子を見てみよう。」

という場当たり的なものをはるかに越え、一気に開戦へと大きく動き出していく事になったのです。

日清戦争開戦は目前に迫っていました。

次回に続きます。
スポンサーサイト
フリーエリア
フリーエリア
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 ランキングに参加しております。よろしければ「ポチッ」として頂ければ嬉しいです。
プロフィール

コンテバロン

Author:コンテバロン
歴史大好きな男のささやかなブログですが、ご興味のある方が読んで頂けたら嬉しいです。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
QRコード
QR