山下将軍の財宝の謎 1

みなさんこんにちは。

今回は今も人々を魅了してやまない「財宝伝説」をご紹介しましょう。最初は我々日本人に最も馴染み深い「山下将軍の財宝」についてです。

知らない方もいるかもしれないので、一応補足説明をしますが、山下将軍というのは太平洋戦争末期の昭和19年(1944年)フィリピンの第14方面軍司令官であった山下奉文陸軍大将(1885~1946)の事です。

YamashitaTomoyuki.jpg

yamasita_katana.jpg

上の画像の恰幅のいい方ですね、彼は意外にもわが大日本帝国陸軍において、歴史上3回も有名な場面に登場する人で、それらにまつわるエピソードから、国内外問わず日本の軍人としては最も人気がある将軍ではないでしょうか。(ちなみに米国陸軍士官学校の記念館には、米国の勝利の証として、ヒトラーの拳銃とともに、彼の軍刀が飾られています。)

その有名な場面とは、まず第一に昭和11年(1936年)2月26日に起きた、陸軍の青年将校らに率いられたおよそ1400名の部隊による当時の政府閣僚暗殺と帝都占拠事件、いわゆる226事件の時です。

Rebel_troops_in_February_26_Incident.jpg

Troops_occupying_Nagata-cho_1.jpg

この時陸軍省軍事調査部長だった山下少将は、一旦は青年将校らに同調する言動をしますが、彼らの行動が昭和天皇のお怒りを買い、陸軍首脳によって「反乱軍」と決定されると一転態度を変え、将校らの説得など事件収拾に動きます。(かなり昔の話ですが、昭和54年ごろ、「交信ヲ傍受セヨ」と題したNHK特集で、226事件の主要人物の電話を、当時の戒厳司令部が盗聴録音していたという番組が放送され、山下少将の自宅も盗聴されていましたね。当時はまだ多くの関係者がご存命で、特に反乱軍の青年将校らと外部の人々との電話のやり取りや、後の東条内閣で企画院総裁となる鈴木貞一氏をはじめ、軍官民の事件関係者の貴重な映像が歴史好きには大変興味深いです。今でもユーチューブなどの動画で検索すると見られます。)

事件終了後、彼はこの時の対応の責任と、陸軍内部の派閥闘争によって、一旦朝鮮の地方旅団に左遷されてしまいます。

第二は昭和16年(1941年)12月8日太平洋戦争開戦時のマレー半島上陸作戦です。この時第25軍司令官として3個師団(約3万6千)と4個戦車連隊を率いた山下中将は、戦車、トラック、自転車を集中使用した機甲部隊で怒涛のごとく進撃し、わずか2ヶ月あまりでイギリス軍の東洋最大の要塞シンガポールを陥落させ、イギリス、インド、オーストラリアなどの連合軍およそ10万余を捕虜にしました。

Japanese_troops_mopping_up_in_Kuala_Lumpur.jpg

da3258ed-s.jpg

4b0d10aa.jpg

上に載せた画像の1枚目はクアラルンプール市内に突入し、市街戦を行う日本軍(手前の兵士は擲弾筒を持っていますね。)下の2枚目は徒歩で作戦指導中の山下将軍と幕僚たち、3枚目は陥落後、勝利の歓声を上げるわが軍将兵たちです。(まさに栄光の瞬間ですね。)

この時にイギリス軍司令官パーシバル中将に対して、「無条件降伏イエスかノーか?」とせまり、降伏させたという話は有名ですね。彼はこの勝利によって、後に「マレーの虎」と呼ばれる名将に祭り上げられます。

Yamashita_and_Percival_discuss_surrender_terms.jpg

image003.jpg

上の画像はその時の会見の様子ですが、この会見に同席していた山下司令部の方々の証言によると、実はこの話は事実とかなり違っていて、英軍側への通訳をしていた台湾人軍属が、長々と英軍側の提示した条件を逐一訳し、なかなか結論に達せずはっきりしないのに業を煮やした山下将軍が、

「彼らは無条件降伏すると言ってるのか? イエスなのかノーなのか? まずそれをはっきりしてもらいたいんだがな。」

と、その通訳に対して言ったのが真相らしいです。


ともあれ、このエピソードは事実と違って本国に伝えられ、新聞ラジオなどで国民の戦意高揚を図る宣伝として大いに利用されました。

第三は、戦争末期の昭和19年(1944年)フィリピンの防衛を担う第14方面軍司令官として、進行してきた米軍と激戦を繰り広げた時です。山下将軍の財宝と呼ばれるものは、この戦いの最中に、敗走していく日本軍が、占領した南方各地から収奪した金塊などを、フィリピンの山中に分散して隠したものを指すと言われています。

この話は事実なのでしょうか?

調べてみると、どうやらもともとこの話を題材にした小説の存在が浮かび上がります。米国人のシーグレーブという作家が書いた、「黄金の百合(ゆり)」という架空の財宝ストーリーで、その内容は昭和天皇の次弟であられた秩父宮雍仁(やすひと)親王殿下(1902~1953)の命により、フィリピン駐留日本軍が、各地に金塊を隠した云々というものです。しかしこれは小説ですから全くの創作です。

454px-Chichibunomiya_Yasuhito.jpg

上の画像は陸軍中佐時代の秩父宮雍仁親王殿下で、後に少将となられますが、この宮様がその様なご命令を軍に命じられた事実は全く無く、あくまで小説を書いた作家の思い描いたフィクションです。

では山下財宝とはウソなのでしょうか?金塊など本当にあったのでしょうか?

調べてみると、かなり事実は違う様ですが、金塊はちゃんとあった様です。しかしその金塊とは先に述べた様に、日本軍が占領した東南アジア各地から集めたものではなく、実は「金貨」で、日本軍がフィリピンでの戦闘を行うため、物資調達の戦費として本土から空輸されたものらしいです。

ではなぜ日本軍は、その様な方法で物資を調達しようとしたのでしょうか。実は当時のわが軍の占領地では、日本の軍票(ぐんぴょう。擬似貨幣の一種、日本軍は占領地域ごとに、い、ろ、は、に、ほ、へ、と号などと分けてこれらを発行していました。ちなみにフィリピン方面は「ほ号券」となるそうです。)を強制的に使用させていたのですが、あまりに乱発したために価値が暴落し、物資(主に食糧など)の現地調達が困難になってしまったのです。

640px-Japanese_Ten_Peso_note-_Occupation_currency.jpg

上の画像は当時フィリピン方面で使用された10ペソ軍票です。しかし前述の理由で紙切れ同然の軍票を、現地の住民の誰が喜んで受け取るでしょうか。そのため日本軍は、金による支払いを画策し、山下将軍がフィリピン方面に着任する前の昭和19年(1944年)2月に、簡素なデザインの金貨が数万枚鋳造され、マニラに送られたそうです。

次回はその謎の金貨についてお話します。
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

フリーエリア
フリーエリア
にほんブログ村 歴史ブログ 世界史へ
にほんブログ村 ランキングに参加しております。よろしければ「ポチッ」として頂ければ嬉しいです。
プロフィール

コンテバロン

Author:コンテバロン
歴史大好きな男のささやかなブログですが、ご興味のある方が読んで頂けたら嬉しいです。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
QRコード
QR